STAFF BLOG スタッフブログ

散走

2021.6.9

梅雨どきの散走オススメ

空を眺めては「自転車に乗るか、やめるか」判断に迷うことが多くなる時期です。 湿度が低くカラッとした5月の自転車日和。 「もう夏が来てしまったのか!?」 と毎年思ってしまうのですが、6月になって空がどん...

続きをよむ
2021.5.26

空を見上げてみる

自転車に乗っていると、ついつい足元の路面が気になってしまい、うつむきがちになってしまいます。 グループで走っている時は、ついつい前の人の背中ばかりに目が向いてしまうことも、よくあることですね。 散走....

続きをよむ
2021.5.12

「標識は語る」・・・散走中に情報入手!

今回は、散走中にその場にある情報を手に入れ、ちょっと散走に深みをプラスしてみよう、という内容です。 道路を走っていると目に入ってくる標識や案内の中には、散走に役立つものが結構あるのです。 安全に走る....

続きをよむ
2021.5.10

自転車のある風景 第11-1話 恋の嵐(雨やどり少々)

天気予報通り、夕方には雨がしとしとと降り出した。雨雲レーダーを見てみると、真っ赤に色付けされた雲が徐々にこっちへと向かってきている。あと30分もすれば冷たい雨がたくさん降ってくる。 近づいている冬....

続きをよむ
自転車ルート コース作成 コツ
2021.4.28

自転車のコースガイド、活用例

自転車に乗ることの醍醐味の一つは「自由気ままに動けること」ということに異論のある人は、あまりいないと思います。 でも、いざ 「自由にしていいですよ」 と言われると、何をしてよいのか、どこから手をつけた...

続きをよむ
散走で見つけた銀杏の若葉
2021.4.14

春爛漫

桜の季節が終わり、春本番。気がつくと新緑の季節。 桜の花を見上げてばかりいた目線を下に落としてみると、足元のツツジが咲き誇り、道端にはタンポポが咲く。 外苑の銀杏並木もすっかり緑になりました。 さて、...

続きをよむ

いろんな地域の散走

2019.11.27

浜名湖散走

東京から浜松まで約1時間半。ローカル線に乗り換え、約20分で「鷲津」駅に到着し、駅前のハマナコサイクルさんでガイド付きレンタサイクルを利用して、1日で浜名湖を満喫できるという贅沢な散走。E-BIKEを...

続きをよむ
2019.11.27

浜名湖〜舘山寺散走

浜松駅から舘山寺温泉行バスで約45分で到着する夕陽が美しすぎる浜名湖舘山寺。舘山寺温泉の宿泊客であれば1日4便運航している無料シャトルバスで、15時発に乗車すれば露天風呂から夕陽を見ることができます。...

続きをよむ
2019.9.28

さいたま散走ご紹介

集中豪雨時に中小河川が溢れそうになった水を流し込むことで、洪水被害を未然に防ぐ施設では、水が無い時は巨大な地下神殿になっている、春日部市上金崎に在る首都圏外郭放水路を巡る「春日部・地下神殿散走」や.....

続きをよむ
2019.8.20

瀬戸内しまなみ海道開通20周年記念「むかいしま女性サイクリング」〜恋で走って島めぐり散走〜開催のお知...

広島県尾道市と愛媛県今治市の間に点在する島々を橋でつないで本州から四国へ渡る、自転車に乗るなら一度は行ってみたいという憧れの聖地「しまなみ海道」開通20周年を迎えます。尾道から出発して1つ目の島(渡船...

続きをよむ
2019.7.31

中伊豆「わさびの郷」散走

山深い天城の清流がつくる景色とわさびの郷、中伊豆の自然と人の知恵でつくりだす見事な景観を巡る約2時間の散走。電動スポーツ自転車(e-bike)なので上り坂でも、その道のりも楽しめるから安心です。日本の...

続きをよむ
2019.5.29

北海道・阿寒 鶴居村の散走

太陽の日差しをいっぱいに浴びた湿原が広がる北海道・鶴居村。 川の青色と湿原の緑色とのコントラストは、鶴居村に夏を告げ、タンチョウたちが湿原で子育てに追われる季節。牧場では豊かな大地からの恵みを牛たち....

続きをよむ

Life with Bicycle

2020.10.17

手ぶらで行こう!「心向くまま自転車遊び」Vol.2 武蔵野コッツウォルズ

都会の喧騒からほんの少し離れ、ただ深呼吸することすら幸せに感じられる・・・そんな澄やかでゆっくりとした時間が流れるグリーンスポットが東京のほぼ真ん中にあるのを皆様はご存知でしょうか?英国のロンドン.....

続きをよむ
2020.10.3

手ぶらで行こう!「心向くまま自転車遊び」Vol.1 奥多摩 TREKKLING

ご自身で自転車をお持ちでなくてもレンタサイクルで色々な自転車遊びを体験させてくれる施設があるのをご存知ですか?目的に合わせたレンタサイクルの用意があり、その土地を堪能してみたり、非日常を味わえるオ.....

続きをよむ
2020.9.22

Life with Bicycle「自転車のある暮らし」〜Rapha TOKYO〜

2009年 青山は “ 自転車に優しい街 ” を宣言。以来、自転車フレンドリーな店舗が連携して「バイシクルタウン青山」として様々な企画やイベントを行っています。最近は特に、自転車通勤する方も増えている...

続きをよむ
2020.7.11

2020年 散走企画コンテスト説明会

※東京都では、連休中の外出自粛ならびに外出する場合は感染予防や感染対策を万全に行うよう、都民に要請しています。感染拡大状況を考慮して、行動いただけますようお願い申し上げます。※ エコな乗り物である自転...

続きをよむ
2020.6.13

自転車安全点検しましょう!

自転車の整備は大丈夫ですか?最近、自転車通勤を始め、まちに自転車が増えているようです。健康にも、環境にも自転車を活用して豊かなライフスタイルを過ごしていただきたいと、2006年〜ご提案してきたOVEに...

続きをよむ
2019.3.29

実車に乗れる!カタログ施設「MERIDA X-BASE」のご紹介

自転車の購入を考えるときに自転車屋さんがくれるメーカーごとのカタログ。でも実際のところ、実車を見ないと、「色」「大きさ」「乗り心地」などはわかりません。お店に足を運んでも自分が見たいと思っている自.....

続きをよむ

散走寄り道Talk

2021.1.20

地名の起源、ご存知ですか?

「この辺は坂多いですね。赤坂、青山というだけのことはある」 これはOVEにいると、よく聞く話。 でもちょっと待った! 「赤坂」の起源は「坂」だと言われているのですが、「青山」の起源は「山」ではないので...

続きをよむ
2021.1.13

丑年になりました

ウシ年ということなので、せっかくですから牛にちなんだもの/場所を探してみましょう。(グルメ関連は、またの機会ということにします) ペースがゆっくりで視野が広いのが散走の良いところ、いろいろなものが見....

続きをよむ
2021.1.6

自転車で行ってみた④ 昭和の町並みに隠れるように佇む、誰にも教えたくない珈琲店

冬のライドは、厚手のグローブにマフラーで暖かくして出発する。今日は神田まで走るので、市ヶ谷からは外堀沿いの道をゆく。JR中央線、総武線の線路を見下ろす高台の道は、いつ走っても気持ちがいい。御茶ノ水駅....

続きをよむ
2020.12.23

冬の空

東京(関東地方)の冬空といえば、真っ青な空。 その真っ青な空に真っ白に雪化粧をした富士山が見える。そういう景色に出会うのが私にとっては冬の密かな楽しみなのです。 ところで「冬の空=真っ青」なのかとい....

続きをよむ
2020.12.16

建築散走とトイレ(不定期連載-5)

宮下公園とトイレ 渋谷区で展開するTokyo Toiletプロジェクト。ずいぶんと間が空いたのは、「トイレが何度も続くのはどうなのよ?!」とツッコミが入ったからですが(汗)、じつは散走中に「きれいなト...

続きをよむ
2020.12.9

師走の散走といえば…

まず必要なのは「寒さ対策」です。歯を食いしばって震えながら散走しても、たいていの場合は楽しくありません。のんびりと散走するならば、徒歩のときと同じくらいの重ね着がちょうど良い。服装選びのポイントに.....

続きをよむ

散走Novel

2020.1.5

わたしの散走STORY 第5話

定時ちょうどにオフィスを出ると、駅に向かう人の流れがすごい。まるで海の中の回遊魚になったようだとぼんやり思いながら、流されるようにいつしかホームにたどり着く。スマホで今日のニュースや、友人たちのSNS...

続きをよむ
2020.1.4

わたしの散走STORY 第4話

夫のコーヒー、娘のオレンジジュースは準備OK。あとはトーストが焼けたらサラダと目玉焼きを添えて。よし、今日の目玉焼きの半熟具合は完璧。着替えを済ませた夫と娘がダイニングにやってきた瞬間、トースターか....

続きをよむ
2020.1.3

わたしの散走STORY 第3話

「こんなに止まるなんて思ってもみなかったわ」と妻がヘルメットを脱ぎながらぽつりとつぶやく。「ほらごらん。これは東洋一の邸宅とも称された旧前田伯爵邸。旧加賀前田家の第16代当主、前田利為の本邸として19...

続きをよむ
2020.1.2

わたしの散走STORY 第2話

この町で喫茶店をはじめてもう30年が過ぎた。夫婦で切り盛りしている小さな店だが常連さんがついて、それなりになんとかやれている。最近は近くの女子大生がちらほらと来てくれるようになった。理由を聞くと、う....

続きをよむ
2020.1.2

わたしの散走STORY 第1話

それは先輩とランチをしているときだった。 「さんそう?」 「そう、散歩のように自転車でゆっくり走る散走」 「それが先輩の趣味なんですか?」 「趣味っていうよりリフレッシュするためにやってるかな」 「気...

続きをよむ
2020.1.1

わたしの散走STORY

散走のかたちは人それぞれ。いろいろな人が好きなスタイルでゆっくりとペダルをこいでその時だけの時間を楽しんでいます。OVEのオリジナルストーリー。この主人公たちは、あなたのまちにいるのかもしれません。ぜ...

続きをよむ

ショップ

春の薬膳「豆乳トマトうどん」
セロリやターメリックをトマトソースに加え、豆乳と自家製のラー油を絡めてお出しします。春は体をゆるめてのびやかに過ごすことが大切です。ゆったりのんびり楽しむ「散走」を始めるのにいい季節。OVEは健康的な自転車のある豊かな暮らしをご提案しています。(2021年4月1日~5月16日)
2021.3.31

春の薬膳「豆乳トマトうどん」4月1日スタート!

自然界が伸びやかに成長する目覚めの季節。陽気が盛んになることで、気血の流れが活発になります。春の薬膳「豆乳トマトうどん」では、気血を調整する肝(かん)の働きを安定させる食材のセロリやターメリックを.....

続きをよむ
「ピクニック+自転車」。海や公園など何か所か移動して景色を楽しむこともできますし、徒歩だけではなかなか回りきれない目的地でも、途中で買出ししながら比較的ラクに巡ることができます。
2021.3.25

散歩の感覚でゆっくりと。~散走読本と試し読みページのご紹介

自転車といえば、日々の移動手段。速く走るスピード感や爽快感が好き!という方も多いかもしれません。でも、OVEでは気軽に散歩感覚で自転車に乗る「散走」というスタイルをオススメしています。散走読本は、そん...

続きをよむ
2021.3.18

春の訪れと五穀豊穣祈願のお団子

3月16日は「十六団子(じゅうろうだんご)」の日です。田植えが始まる春になると、山から種子を抱えて里へ下りてくる神様に、古くから縁起が良い数とされる16のお団子をお供えして豊作を祈願する日です。 昔は...

続きをよむ
2021.3.2

山口県北西部 長門市から届いた、身体を癒す海山の美味

潮騒の響き、海山の美味、温泉のぬくもり…。心も身体もいやせる街、山口県長門市。地元住民から親しまれている “食べて遊んでくつろげる家” 道の駅センザキッチンより、スタッフおすすめの商品が届きました!「...

続きをよむ
2021.3.2

期間限定「はなっこりーと、グルグルグリーンカレーうどん」

無農薬無化学肥料で栽培された青唐辛子や地元特産の野菜を使用し、期間限定ランチメニュー「はなっこりーと、グルグルグリーンカレーうどん」をご用意しました! デザートは、ひとまる工房の長門ゆずきちコンフィ....

続きをよむ
2021.3.2

長門湯本温泉×散走フェア

<開催期間> 2021年3月2日(火)-3月28日(日) 潮騒の響き、海山の美味、温泉のぬくもり…。 山口県長門市は、美しいコバルトブルーの日本海と、日本の棚田百選に選ばれた東後畑棚田が織り成す「絶景...

続きをよむ

OVEのキッチンから

2021.1.24

期間限定「マッシュルームとごぼうの豆乳クリームパスタ」

富士山の伏流水で育った“長谷川農産”のマッシュルームを使用し、“ 富士エリア 散走・ポタリング フェア ” 期間限定メニューをご用意しました! マッシュルームとごぼう、ニンニクを低温オイルでじっくり火...

続きをよむ
2021.1.21

寒いほどに旨みが増す、自然の理

立春までの1月20日から2月2日の期間が「大寒」です。その前の小寒と合わせて「寒の内」と呼ばれ、一年で寒さが最も厳しくなる季節です。今年は各地で雪がたくさん降って、少し心配になるくらい冬らしい冬になり...

続きをよむ
2021.1.7

七種類の野菜で身体を労るリセット食

新しい年、2021年の幕開けです。 昨年は変化がたくさん起きた1年でした。今年もより一層、いろいろな野菜を美味しく楽しく召し上がって頂けるよう、OVEのキッチンからお届けしていきます。 1月7日は「人...

続きをよむ
2020.12.21

冬至の長い夜に心と身体を温める

夕方になるとあっという間に日が暮れて真っ暗になり、夜が長くなったなと感じます。北半球において、一年で日の出から日の入りまでの時間が最も短い日を冬至と言い、今年は12月21日になります。日本や中国で.....

続きをよむ
2020.12.3

クリスマス・シーズンの香り

12月に入り、いよいよ本格的なクリスマス・シーズンの到来です。この時期に海外へ旅行されたことのある方なら、街が華やいでなんとなくウキウキする感覚を思い出されるのではないでしょうか。歴史のあるヨーロ.....

続きをよむ
2020.11.5

華やかな秋の名脇役

秋の食材は色とりどりで華やか。いつにも増して料理をするのも食べるのも楽しくなります。そんなスター揃いの煌びやかさの陰で、味覚の秋を支える食材がきのこ! 温暖、高湿な日本にはたくさんのきのこが自生して....

続きをよむ

つながるEvent

2019.7.23

青山の原風景を感じよう! 「青山星灯篭甦生プログラム」

江戸時代から幕末頃まで、青山百人町周辺で行われていた「星灯篭」をテーマに青山の土地の記憶を辿り、青山の歴史を遡り、かつてここにあった暮らしを再発見し、東京・青山の歴史から鑑みた価値を新たに発信した.....

続きをよむ
2019.7.23

祝 世界文化遺産登録決定!「百舌鳥・古市古墳群」とSAKAI 散走

堺・百舌鳥野。 ここには古代に造営された古墳が、1600年の時を経て今も残っています。古墳文化が花開いた時代、大阪湾にほど近いこの地には、かつてない巨大な前方後円墳が造営されました。そして、それをとり...

続きをよむ
2019.6.18

真庭で散走サイクリングフェア2019

<フェア開催期間> 2019年6月18日-7月21日 OVEでは様々な地域で自転車が楽しめる情報を発信しています。今回は地域の魅力を楽しむサイクリングイベントをたくさん企画している岡山県真庭市。真庭に...

続きをよむ
2019.4.20

2019 バイシクルタウン青山~自転車スタンプラリー 開催のお知らせ

<開催期間> 2019年4月20日-5月5日 2009年 青山は “ 自転車に優しい街 ” を宣言。以来、自転車フレンドリーな店舗が増え自転車をテーマにした様々な企画やイベントも行われています。4月2...

続きをよむ
2019.4.16

「伊豆半島まるっと探訪 自転車旅の魅力」フェア開催のお知らせ

<フェア開催期間> 2019年4月16日-5月19日 サイクリングリゾート伊豆では、2020年オリンピック・パラリンピックの自転車競技が行われます。世界各国から来訪する方々が、伊豆地域の魅力を自転車で...

続きをよむ
2019.4.14

「四国自転車旅の魅力フェア」開催のお知らせ

<フェア開催期間> 2019年3月19日-4月14日 瀬戸内の多島美とそれぞれの離島をつなぐ橋、雄大な太平洋に抱かれるように走るシーサイド、美しい緑が生い茂る林道や山道、迫力ある渓谷に沿うように続く道...

続きをよむ

OVE's Select

2020.9.25

ミュシャ×注染手ぬぐい

和晒と呼ばれる真っ白な木綿生地に、色や柄などを染め抜いた手ぬぐいは、手や汗を拭うものとして人々の暮らしにとけ込んでいました。大阪・堺でも、昔は和晒が町のいたるところでたなびき、その和晒を染める工場.....

続きをよむ
2020.1.10

OVEロゴマーク リフレクター

自転車の夜間走行に必需品のリフレクター。自動車のライトを反射して自分の存在をアピールして身を守るのがその役割です。3M社の素材を使用したキーホルダーとしても使える交通安全グッズ。自転車に乗る時だけで....

続きをよむ
2020.1.9

OVEコラボレーションボトル Vapur

環境意識の高まりからマイボトルを持つ人が増え、今ではライフスタイルの一部として根付いています。お気に入りのマイボトルをお持ちの方も多いのではないでしょうか。今回ご紹介するのは、そんなマイボトルの新.....

続きをよむ
2020.1.7

OVE散走てぬぐい

イラストレーター・のぐちようこさんデザインの「散走手ぬぐい」。お散歩感覚でゆるりと走るOVE散走に参加し、実際に感じたことをそのまま表現したイラストは、かわいさと癒しを兼ね備えた手ぬぐいです。散走の時...

続きをよむ
2020.1.6

OVEオリジナルタオル

OVEは、Opportunity(機会)・Value(価値)・Ease(気軽に)をコンセプトに、様々な文化が交差する場として、価値あるモノ・コトを気軽に体験していただく機会を提供しています。散歩するよ...

続きをよむ
PAGE TOP