STAFF BLOG スタッフブログ

散走

2020.11.8

手ぶらで行こう!「心向くまま自転車遊び」Vol.3 FREEWHEELING

異国の地から日本へ移り住んだ人から見た日本の良さとはいったいどんなところだろう?日本に生まれ育った私たちでは気にせず流してしまう景色に目を止めて、裏道をゆっくりと走り、日本の良さを再認識させてくれ.....

続きをよむ
2020.11.4

「花」「植物」の楽しみ方、散走流??

散走をしていれば大抵目に入る、そして興味を持てば楽しそうなもの。。。植物。 私にとっては「興味はあるのだけれど、なかなか覚えられない」のが植物の知識。OVE散走で「野点散走」や「庭園散走」を行ったとき...

続きをよむ
2020.10.31

Life with Bicycle 「自転車のある暮らし」〜 サイクルカフェ TORQUE (渋谷ス...

自転車フレンドリーな店舗が連携し、自転車のある暮らしをより充実したものにしていただくために様々な企画やイベントを行っている「バイシクルタウン青山」。前回の「Rapha TOKYO」さんに続き、今回は渋...

続きをよむ
2020.10.28

「Designart Tokyo 2020」を「ひとりで散走!」

「デザイン&アートのある暮らしを根付かせよう」 「デザイン&アートで日々の暮らしを豊かにしよう」 「デザイン&アート」を「自転車」に置き換えると、そのままOVEのコンセプトになってしまうような、デザイ...

続きをよむ
2020.10.25

中山道を行く、米原散走

江戸の五街道の一つ、中山道。「売り手よし、買い手よし、世間よし」三方良しの思想を持つ近江商人が行き交う街道は、昔の宿場町が今もその歴史を物語っています。 中山道61番目の醒井宿には、名水百選に選ばれた...

続きをよむ
2020.10.21

「川」に注目

自転車で走る道に困ったとき、意外と役に立つのが川。大きな河川の上流で滝やダムなどがあるような場所は別ですが、基本的には上流から下流に向かって緩やかに流れるので、川沿いの道は急な坂もなく快適に走るこ.....

続きをよむ

いろんな地域の散走

ただいまページを準備しております。もうしばらくお待ちください。

Life with Bicycle

記事がありません。

散走寄り道Talk

記事がありません。

散走Novel

記事がありません。

ショップ

2020.9.25

ミュシャ×注染手ぬぐい

和晒と呼ばれる真っ白な木綿生地に、色や柄などを染め抜いた手ぬぐいは、手や汗を拭うものとして人々の暮らしにとけ込んでいました。大阪・堺でも、昔は和晒が町のいたるところでたなびき、その和晒を染める工場.....

続きをよむ
2020.9.22

永井朋生の世界~「音楽×自転車のある暮らし」OVEオンラインcafe

※終了いたしました。 当日のライブ配信インタビュー・演奏の模様は以下OVEのFacebookからご視聴いただけます。 OVE facebook 【中継場所変更】 リトアニアからオンライン中継を予定して...

続きをよむ
2020.9.21

Cyclingood Eat ~スパイスたっぷり。夏のドライカレー

Cyclingood(サイクリングッド)vol.025 紙面版、LIFE Eat & Rest のコーナーでレシピをご紹介しております。今回のテーマは「余分な熱を取り除き全身にエネルギーを巡ら...

続きをよむ
2020.9.10

お箸の手入れ

木製箸のお手入れをしています。よく洗浄・乾燥した後、オリーブオイルで拭きあげます。見た目にも艶がよく、手触りや口当たりも良くなります。 メンテナンスが必要なのは、道具も体と同じですね。油と言えば、自....

続きをよむ
2020.9.6

パンケーキと季節のジャム

季節のフルーツを煮詰めて作った手作りジャムやメープルシロップ、バターを添えたパンケーキは、ヨーグルトを練りこんだ、ふんわりもっちりした食感です。一枚一枚生地と対話して心をこめて焼いています。お好み.....

続きをよむ
2020.9.3

愛車を眺めながら、ゆったりした時間を。

週末のカフェは、愛車(自転車)を眺めながら、ゆったりした時間を過ごされるサイクリストの方もご来店されています。コービーは、至高の一杯に魅せられた専門店のマスターが営む、山形県鶴岡市“コフィア”にて焙....

続きをよむ

OVEのキッチンから

記事がありません。

つながるEvent

記事がありません。

OVE's Select

記事がありません。

PAGE TOP