STAFF BLOG スタッフブログ

お知らせ一覧

首都圏発 週末自転車さんぽ はじめの自転車LIFE超入門
2021.3.31

掲載記事のお知らせ【首都圏発 週末自転車さんぽ はじめの自転車LIFE超入門】

散歩本、登山地図、バイクツーリング向け地図、キャンプ場入門ガイドなど、ビギナー向けの入門ガイドを長年手掛けてきた昭文社より、『首都圏発 週末自転車さんぽ はじめの自転車LIFE超入門』 が3月30日に...

続きをよむ
Cycle Sports特別編集
ヤエスメディアムック677「東京サイクリング 23区編」
2021.3.31

掲載記事のお知らせ【TOKYOの魅力を自転車で再発見! 東京サイクリング 23区編】

Cycle Sports特別編集 TOKYOの魅力を自転車で再発見! 東京サイクリング 23区編 協力:Life Creation Space OVE 東京23区を舞台に、サイクリング・散走を楽しむた...

続きをよむ
2021年3月21日、OVEを運営している株式会社シマノは創業100周年を迎えました。「ときめくとき、想いをかたちに」のメッセージとともに特設サイトをオープンしました。
2021.3.22

創業100周年記念特設サイトオープンのお知らせ

2021年3月21日、OVEを運営している株式会社シマノは創業100周年を迎えました。これを記念して、1年間の特設サイトをオープンいたしました。記念写真集の抽選販売や歴史を辿るコンテンツなどを提供し、...

続きをよむ
2021.1.29

房総サイクルサミット2021-オンライン

一般社団法人ウェルネスポーツ鴨川が主催する【 房総サイクルサミット 2021 】におきまして、LIFE CREATION SPACE OVE マネージャー 室谷恵美が、パネルディスカッションに参加いた...

続きをよむ
2020.12.14

掲載記事のお知らせ

日経ビジネス 2020年12月14日号とウェブサイトにて、「散走」や OVEの活動をご紹介いただきました。 詳しくはこちら

続きをよむ
2020.12.13

掲載記事のお知らせ

ブランドと共に未来のカルチャーを創るコミュニティメディア「5PM Journal」にて、ご紹介いただきました。 詳しくはこちら

続きをよむ

散走

2022.6.10

自転車のある風景  第 17 - 1 話 脳と時間と胃袋

白くて四角い無機質な建物を背にして二人は歩き出した。 「そういえば、レストランがありましたよね」 綾が振り返りながら言った。 「僕はこういった施設の中の飲食店ではコーヒーを飲むくらいです。大型商業施...

続きをよむ
2022.5.7

自転車のある風景 第 16 - 3 話 「 Bicycles as Human Dreams 」

【 1885年 ジョン・ケンプ・スターリーが後輪チェーン駆動式で前後の車輪を同サイズにしたローバー・バイシクルが現在の自転車の基本型。ローバー安全型自転車と 名前をつけられて販売。今日まで続く自転車...

続きをよむ
2022.4.6

自転車のある風景 第 16 - 2 話 「 Bicycles as Human Dreams 」

年代順に整然と並べられた自転車たちをゆっくり観ながら、二人で一つ一つしっかりと説明書を読む。 【 1839年スコットランド カーク・パトリック・マクミランがレバー式ペダルで走る後輪駆動装置を発明。こ...

続きをよむ
2022.3.25

2022年3月25日大阪府堺市に「シマノ自転車博物館」がリニューアルオープン!

1992年、自転車文化振興のため、日本で初めてとなる自転車博物館として大阪府堺市の大仙公園内にあった「自転車博物館サイクルセンター」(管理運営 財団法人シマノ・サイクル開発センター)が展示を拡充し、館...

続きをよむ
2022.3.9

自転車のある風景 第 16 - 1 話 「 Bicycles as Human Dreams 」

坂を登り切った先に階段が現れた。 「さらにこの上ですか。思いの外、歩きますね」 章吉が綾をちょっと気遣う。 「歩きましたね」 章吉の申し訳なさそうな表情が見えた綾は、自分も歩きましょうと言ったことだ...

続きをよむ
2022.2.11

自転車のある風景 第 15 - 2 話 コノユビトマレ

お店を出た二人は急ぐ必要もないからゆっくりと歩いている。週末ということもあり、幹線道路とはいえ、轟音で走る大型トラックの姿は少ない。 道路の向こう、反対側の歩道をシティサイクルに乗って野球のユニフ....

続きをよむ

いろんな地域の散走

信楽焼の狸が散走一行をお出迎え
2021.8.1

信楽たぬきのモノづくり散走

あむちゃん!溶接体験したYouTube動画を追加しましたので、是非ご覧ください♪(8/1) かつては甕、壺、すり鉢、近代以降は火鉢や傘立て、浴槽やタイルなど、時代に合わせて人々の暮らしを支える器や道具...

続きをよむ
2021.7.19

近江商人のまち巡り散走

近江商人とは、高島商人・八幡商人・日野商人・湖東商人(豊郷町/伊藤忠ほか) 4つの商人のことを言うらしく、それぞれ特定の地域から発祥し、活躍した場所や取り扱う商品にも様々な違いがあるそうです。今回は、...

続きをよむ
田んぼの中に魚道が設置される須原・せせらぎの郷
2021.7.19

琵琶湖生き物観察と沖島散走

日本最大の湖、びわ湖は400万年という長い歴史をもつ古代湖とよばれる湖の一つ。びわ湖には、ここにしかいない生き物(固有種)もたくさんいて、人間も古くから湖のまわりで生活し、その豊かな自然を利用した伝統...

続きをよむ
2021.7.5

「めむろ散走」2021年の愉しみ方

北海道十勝・芽室町でのんびり、ゆったりと自転車のある時間を過ごしてみませんか?めむろに息づく「農」、そしてそこに生き生きと暮らす人々の日常。 そんな芽室らしさを五感で感じられる、自転車でめぐる小さな....

続きをよむ
アオバスを見に行こう!青海島散走
2021.7.3

アオバスを見に行こう!青海島散走+ながと散走

追加情報!!!更新しました。 美しいブルーオーシャン、美味しい食(海の幸)を堪能できる山口県ながと青海島の初夏を自転車で巡る愉しみ方のご紹介。 7月上旬から8月中旬にかけて開花する、西圓寺の隠居所の蓮...

続きをよむ
富士山麓を自転車で散走
2021.4.5

富士山麓をめぐる散走

富士に抱かれて、風になる。 雄大な富士山を間近に感じながら、富士山麓を自転車で散走してみませんか? 東京から約146km、名古屋から約217km、大阪から約410kmに位置する富士市は、東海道新幹線・...

続きをよむ

Life with Bicycle

2020.12.5

手ぶらで行こう!「心向くまま自転車遊び」Vol.6 東京裏山ワンダーランド

東京裏山ワンダーランドで「秋川渓谷 謎解きエコツアー」 新宿から気持ちよく電車に揺られること約1時間、武蔵五日市駅を降りると目に飛び込んでくるのは沢山の人・・・ではなく、溢れる自然と美味しい空気。と....

続きをよむ
2020.11.24

【結果発表】2020年 散走企画コンテスト

エコな乗り物である自転車で、地域の歴史や背景等に触れながら、その魅力やストーリーを気軽に楽しむことのできる「散走(さんそう)」は、人や地球にやさしい暮らしにも通じていると考え、2017年からOVEが大...

続きをよむ
2020.11.22

手ぶらで行こう!「心向くまま自転車遊び」Vol.5 Smile Bike Park

都内唯一のマウンテンバイクパークが「よみうりランド」の近く、東京都稲城市にあるのをご存知ですか?自然に囲まれた未舗装路でしか味わえない自転車の楽しみ方をご紹介したく、「Smile Bike Park」...

続きをよむ
2020.11.20

季節に合わせた散走スタイル「冬のおすすめ」と注意点

寒くて身に着けるものが多くなりがちな冬。服装が原因で自転車を楽しめなかったり、安全性が損なわれたりすることは避けたいものです。寒い時期、自転車に乗る時に押さえておきたい注意点と服装選びのポイントを.....

続きをよむ
2020.11.14

手ぶらで行こう!「心向くまま自転車遊び」Vol.4 横浜横須賀めぐりサイクルスタンプラリー

イギリス発、クレイアニメでおなじみの、ひつじのショーンが案内する【横浜横須賀めぐりサイクルスタンプラリーvol.2】が2020/9/16(水)~12/15(火)まで開催されています。横浜や横須賀の見ど...

続きをよむ
2020.11.8

手ぶらで行こう!「心向くまま自転車遊び」Vol.3 FREEWHEELING

異国の地から日本へ移り住んだ人から見た日本の良さとはいったいどんなところだろう?日本に生まれ育った私たちでは気にせず流してしまう景色に目を止めて、裏道をゆっくりと走り、日本の良さを再認識させてくれ.....

続きをよむ

散走寄り道Talk

2021.6.9

梅雨どきの散走オススメ

空を眺めては「自転車に乗るか、やめるか」判断に迷うことが多くなる時期です。 湿度が低くカラッとした5月の自転車日和。 「もう夏が来てしまったのか!?」 と毎年思ってしまうのですが、6月になって空がどん...

続きをよむ
2021.5.26

空を見上げてみる

自転車に乗っていると、ついつい足元の路面が気になってしまい、うつむきがちになってしまいます。 グループで走っている時は、ついつい前の人の背中ばかりに目が向いてしまうことも、よくあることですね。 散走....

続きをよむ
2021.5.12

「標識は語る」・・・散走中に情報入手!

今回は、散走中にその場にある情報を手に入れ、ちょっと散走に深みをプラスしてみよう、という内容です。 道路を走っていると目に入ってくる標識や案内の中には、散走に役立つものが結構あるのです。 安全に走る....

続きをよむ
自転車ルート コース作成 コツ
2021.4.28

自転車のコースガイド、活用例

自転車に乗ることの醍醐味の一つは「自由気ままに動けること」ということに異論のある人は、あまりいないと思います。 でも、いざ 「自由にしていいですよ」 と言われると、何をしてよいのか、どこから手をつけた...

続きをよむ
散走で見つけた銀杏の若葉
2021.4.14

春爛漫

桜の季節が終わり、春本番。気がつくと新緑の季節。 桜の花を見上げてばかりいた目線を下に落としてみると、足元のツツジが咲き誇り、道端にはタンポポが咲く。 外苑の銀杏並木もすっかり緑になりました。 さて、...

続きをよむ
2021.3.3

他人目線で新しい発見を!

最近、OVEのウェブサイトでは動画を使った情報を発信をおこなっています。散走チームでも動画を取り入れ出しました。動画は写真と比べると編集に時間を要しますが、一旦研究しだすととても奥が深い。勉強のしがい...

続きをよむ

散走Novel

2021.11.10

自転車のある風景 第 14 ‐1話 10年前の帽子 

仕事の帰り道、ふと目に入った誰もいない工事現場の駐車場に自転車を止め、腰を下ろして自分の自転車の歴史をたどってみた。 つい先日、公園でヘルメットをかぶった子供がお父さんと自転車に乗る練習をしている....

続きをよむ
2021.10.9

自転車のある風景 第 13 - 2 話 電話

やっとこさ届いた綾さんからのメッセージは、他の自転車にも興味があるからいろいろ見てみたいとのこと。今のところ、共通の話題が自転車しかないとはいえ、最初のデートが自転車屋さんとなってしまうなんて、こ....

続きをよむ
2021.9.8

自転車のある風景 第 13 - 1 話 電話

手紙は別次元なものとして考えて、誰かに連絡するためには電話をかける方法しかなかった時代って、ずいぶんと面倒だったんだなとあらためて思った。 ましてや、個人が持つ携帯電話が存在しない、一家に一台の固....

続きをよむ
2021.8.11

自転車のある風景 第 12 - 2 話 1ダースの言い訳

自転車屋さんに行って「どんな自転車をお求めですか?」と聞かれて初めて生じる戸惑いがある。 使い方や種類、価格などの予備知識を持たずに自転車を買いに行くと、望むような買い物がすぐにはできない。 「靴を...

続きをよむ
2021.7.10

自転車のある風景 第 12 ‐ 1 話 1ダースの言い訳

冷たい雨が降る12月、もうすぐやってくるクリスマスでキラキラと輝き華やぐ街で彼女と僕は再会をした。 コーヒーカップを傾けつつ窓を伝い流れる雨を見ながら、僕は戸惑う間もない出会いに語る言葉を探してい....

続きをよむ
2021.6.10

自転車のある風景 第 11 - 2 話 恋の嵐

コンクリートの上で跳ねる雨と同じくらいに私の心臓も高鳴っている。 「ずっとお礼が言いたくて。あの、良ければ、時間があれば、その、コーヒーでも、あの」 うまく言葉がつなげない。 「そうですね、雨が上が...

続きをよむ

ショップ

春の薬膳「豆乳トマトうどん」
セロリやターメリックをトマトソースに加え、豆乳と自家製のラー油を絡めてお出しします。春は体をゆるめてのびやかに過ごすことが大切です。ゆったりのんびり楽しむ「散走」を始めるのにいい季節。OVEは健康的な自転車のある豊かな暮らしをご提案しています。(2021年4月1日~5月16日)
2022.3.29

春の薬膳「豆乳トマトうどん」3月29日スタート!

自然界がのびやかに成長する目覚めの季節。陽気が盛んになることで、気血の流れが活発になります。春の薬膳「豆乳トマトうどん」では、気血を調整する肝(かん)の働きを安定させる食材のセロリやターメリックを.....

続きをよむ
長門の米粉マフィン
2022.3.2

長門を味わう散走フェア

3月1日から、山口県長門市のフェア「香月泰男の世界×〈私の地球〉ながと散走フェア」が始まりました。長門の食材を使ったOVEオリジナルの期間限定メニューをご用意しています。 白オクラの粘りが新食感の「白...

続きをよむ
2022.3.2

香月泰男の世界 × <私の地球>ながと散走フェア セレクト

2022年3月1日(火)から3月27日(日)まで、 香月泰男の世界 × <私の地球>ながと散走フェアを開催中。 自転車で散歩するようにゆっくり走る「散走」の視点で見たながとの風景や画家・香月泰男...

続きをよむ
香月泰男の世界 × <私の地球>ながと散走フェア
2022.3.1

香月泰男の世界 × <私の地球>ながと散走フェア

※開催決定のお知らせ※ 2月より延期しておりました香月泰男の世界 × <私の地球>ながと散走フェア を3月1日(火)から、3月27日(日)まで開催します。 長門市は、本州の最西北端にある山口県の中心...

続きをよむ
白おくらと味噌ホワイトソースのドリア
2022.3.1

ながと散走フェア 期間限定メニュー

※ 開催決定のお知らせ ※ 2月より延期しておりました香月泰男の世界 × <私の地球>ながと散走フェアを3月1日(火)から、3月27日(日)まで開催することが決定いたしました。 自転車で散歩するように...

続きをよむ
2022.2.2

走って見つけるお気に入り

OVE店内のテーブルに敷いてあるランチョンマット、実はマップになっています。「RIDE&FIND」のタイトルにあるように、街のお気に入りスポットを自転車で走って見つけてもらうための、OVE特製...

続きをよむ

OVEのキッチンから

手作りのクッキーオーナメント
2021.12.14

スパイスの香りに癒される

いよいよ12月、今年も残すところ1ヵ月を切りました。いろいろな場所でクリスマスイルミネーションも始まり、お出かけされる機会も増えるのではないでしょうか? OVEも少しだけクリスマスらしく…今年もツリー...

続きをよむ
冬の薬膳 黒胡麻豆乳うどん
2021.12.1

冬の薬膳「黒胡麻豆乳うどん」12月1日スタート!

冬は「閉蔵」して静かに過ごし、じっと春を待ちます。年間を通してすべての臓腑を働かせているもととなる精気は「腎」に貯蔵されています。春に向けて冬の間「腎」にエネルギーを蓄えることは、次の一年を元気に.....

続きをよむ
2021.11.10

現代に甦る日野椀

OVE店内では、「近江日野商人の町めぐり散走フェア」と題して、滋賀県日野町にスポットを当てた地域イベントを開催中です。 カフェでは日野特産のお米や、伝統野菜の日野菜、古代穀物のディンケル小麦の全粒粉を...

続きをよむ
Cyclingood(サイクリングッド)vol.029 紙面版、LIFE Eat のコーナーでレシピを紹介しております。今回のテーマは「胃腸を温め、冷え・乾燥を防ぐ」。
2021.11.5

Cyclingood Eat ~台湾風あんかけご飯

Cyclingood(サイクリングッド)vol.029 紙面版とWebの “ LIFE Eat ”  のコーナーでレシピを紹介しております。今回のテーマは「胃腸を温め、冷え・乾燥を防ぐ」。寒...

続きをよむ
「日野菜と旬野菜のかき揚げ丼」
価格:¥1300(日野菜漬物・小鉢・サラダ・味噌汁(日野のお椀使用)・食前酢・コーヒー又はハーブティー)
期間:2021年11月2日~11月28日
2021.10.23

期間限定「日野菜と旬野菜のかき揚げ丼」と「ディンケル全粒粉ワッフル」

「日野菜と旬野菜のかき揚げ丼」 価格:¥1300(日野菜漬物・小鉢・サラダ・味噌汁(日野のお椀使用)・食前酢・コーヒー又はハーブティー) 期間:2021年11月2日~11月28日 ※ 状況により、変更...

続きをよむ
青森のりんご農家さん「あっぷりんご園」から初物の紅玉が届きました
2021.10.13

旬の味覚を美味しく楽しく

青森のりんご農家さん「あっぷりんご園」から初物の紅玉が届きました。 OVEでお出ししているりんごジュースも、同じ農家さんから送って頂いています。 皮はツヤツヤ、身もきゅっと引き締まった美味しいりんごは...

続きをよむ

つながるEvent

2020.11.7

北海道サイクリングフェアfeat.めむろ散走

<開催期間> 2020年11月7日(土)-29日(日) 100% Memuro Quality 北海道十勝・芽室町(めむろちょう)の自転車のある暮らしを感じながら、OVEカフェでゆったり過ごしてみませ...

続きをよむ
2020.10.10

「ミュシャ×自転車(OVE)人と自然に寄り添うデザイン」OVEオンラインcafe

19世紀末から20世紀初頭にかけて、ヨーロッパを中心に開花した国際的な新しい芸術「アール・ヌーヴォ―」の代表的画家アルフォンス・ミュシャ。チェコ共和国で誕生し、今も若い女性をはじめ、幅広い年代層の人々...

続きをよむ
2020.10.1

ミュシャ×自転車 -人と自然に寄り添うデザイン展-

<開催期間> 2020年9月18日(金)ー10月30日(金) 19世紀末から20世紀初頭にかけて、ヨーロッパを中心に開花した国際的な新しい芸術「アール・ヌーヴォ―」の代表的画家アルフォンス・ミュシャ。...

続きをよむ
2020.9.22

永井朋生の世界~「音楽×自転車のある暮らし」OVEオンラインcafe

※終了いたしました。 当日のライブ配信インタビュー・演奏の模様は以下OVEのFacebookからご視聴いただけます。 OVE facebook 【中継場所変更】 リトアニアからオンライン中継を予定して...

続きをよむ
2020.7.14

「青山からはじめる自然回帰のまちづくり」オンラインシンポジウムのご紹介

OVEは2006年南青山にてスタートして以来、青山で暮らす人・働く人との交流(A-cross)が促進され、一緒に青山のまちを考える機会に参加するようになりました。最近では、青山通り沿いの北青山3丁目地...

続きをよむ
2020.2.1

目指せ!自転車パラダイス宮崎 旅フェア

<フェア開催期間> 2020年2月1日-2月24日 OVEでは様々な地域で自転車が楽しめる情報を発信しています。2020年2月は神々のストーリーが代々語り継がれている地、宮崎県。古事記や日本書紀に記さ...

続きをよむ

OVE's Select

2021.1.24

富士山の清らかな伏流水の恵み

富士山の清らかな伏流水の恵みに潤う富士市松野で、創業90年四代にわたり伝統の味を守り続けている「神戸醤油店」。今回は「富士エリア 散走・ポタリング フェア」期間限定で、醤油・金山寺味噌・甘酒の素・甘酒...

続きをよむ
2020.11.19

普段使いできる、軽いメッセンジャーバッグ

街を颯爽と駆け抜ける自転車便の人たちが背負うメッセンジャーバッグは、自転車で荷物を運ぶ機能に長けているだけではなく、普段使いのおしゃれかばんとしても注目されています。そんなメッセンジャーバッグを中.....

続きをよむ
2020.10.29

フェアトレードのコーヒー&紅茶

作る人にとっても、飲む人にとっても、そして環境にも優しい、コーヒーや紅茶などの取り扱いをしている、特定非営利活動法人パルシックの活動と、その美味しさをご紹介します。 パルシックは、地球の各地で暮らす....

続きをよむ
2020.9.25

ミュシャ×注染手ぬぐい

和晒と呼ばれる真っ白な木綿生地に、色や柄などを染め抜いた手ぬぐいは、手や汗を拭うものとして人々の暮らしにとけ込んでいました。大阪・堺でも、昔は和晒が町のいたるところでたなびき、その和晒を染める工場.....

続きをよむ
2020.1.10

OVEロゴマーク リフレクター

自転車の夜間走行に必需品のリフレクター。自動車のライトを反射して自分の存在をアピールして身を守るのがその役割です。3M社の素材を使用したキーホルダーとしても使える交通安全グッズ。自転車に乗る時だけで....

続きをよむ
2020.1.9

OVEコラボレーションボトル Vapur

環境意識の高まりからマイボトルを持つ人が増え、今ではライフスタイルの一部として根付いています。お気に入りのマイボトルをお持ちの方も多いのではないでしょうか。今回ご紹介するのは、そんなマイボトルの新.....

続きをよむ
PAGE TOP