OVE

日々を綴るスタッフ日記

海と詩まち仙崎を巡るNAGATO散走


山口県長門市の散走へ行ってきました!
美しいブルーオーシャンを観たいなら、、、



美味しい食(海の幸)を堪能したいなら、、、



歴史文化に触れたいなら、、、色々魅力的な要素は長門にはあります。
ありますが、日本には他所にも魅力的な場所があります。それでも、わざわざ長門へ行きたくなる理由は、エネルギーに満ち溢れた「ひと」の魅力でした。



長門市・仙崎で生まれた文学者金子みすゞさん。
「仙崎みすゞ通り」へ行くと驚くのは、どの家にも家の前にはそれぞれの想いに綴られた詞札があるのです。ただ、飾られたものではなく、そこに暮らす人々が語られてるかのように、奥深く伝わってくるように優しさを感じます。





詩人でなくても、文学者じゃなくても、各々の玄関には詩札があり、魔法にかけられたように、優しさに包まれる長門市・仙崎。その、あたたかさは行ってみないとわからない、地域の人々の優しさに包まれます。長門市では、当たり前のように、子どもの頃から朗読などが暮らしの中で継承され、文学のまちとして息づいています。




10年以上にも続いている「金子みすゞモザイクプロジェクト」は、長門市商工会議青年部が主体となり、思い思いのメッセージが記入された長門市の名産品「かまぼこ」の板を組み合わせて金子みすゞの巨大モザイクアートがあります。現在みすゞ通り沿いに6作品、湯本温泉に2作品設置されているそうです。







海岸沿いを少し行くと、目の前にある青海島。2006年に閉校となった旧青海島小学校をリニューアルした、「青海島共和国」があり、地元と旅人の交流拠点として様々な体験ができる施設となっています。施設を運営しているのは地元の国王と言われるお父さんが笑顔であたたかく出迎えてくれます。
→ 青海島共和国





しばらく先に進むと、イカ釣り漁船でも有名な漁師町で、漁火を見ながらバーベキューができる茶屋があります。




仙崎の海産物や多種類のアイスを堪能できる「浜茶屋」さんのテラスから見える景色が美しい…。干物の生産元でもある木村水産さんが運営するカフェなので、ここでは海の幸定食がおススメです!一見強面に見える亭主の笑顔がとても素敵で優しさに溢れています。
→ 木村水産




今回のNAGATO散走の帰る道中に開催していた「ちびなが商店街」にも立寄りました。ルネッサながとのアリーナにて、色んなお店が集まる一日限りの仮想商店街「ちびなが商店街」がオープン!店員さんは小学生の子供たちです。お店で働いたらお給料として、仮想通貨「チビー」がもらえます。お店で使えるお金もチビーになりますので、お店で働いた分商店街で買い物や遊ぶ事ができます。キッザニアができる前から地元有志で立ち上げたと言われるだけ、長門の人々のエネルギッシュさが伝わることでしょう。




まちの中心的な観光拠点となっている「センザキッチン」目の前にも、長門おもちゃ美術館があり、漁船を改装した「NAGATO KID's cruise」が運行されているなど「子育て世代に選ばれるまち」と言われるほどユニークな取組みと、人々の優しさが溢れています。
→ 長門おもちゃ美術館
→ センザキッチン





そんな「ひと」がいるまちでは「未来まちづくりプロジェクト」として湯本温泉が生まれ変わります。(2020年3月オープン予定) 山口県ではもっとも古い歴史をもつ温泉として知られている長門湯本では、地域の魅力を見つめ直し、古き良き伝統を受け継ぎつつ、未来に向かってまちづくりが進んでいます。2016年4月には、星野リゾートが温泉旅館ブランド「界」を進出することが決定した他、観光まちづくりを進めるために、専門家による検討会議、住民とのワークショップや意見交換会、民間事業の促進や地域イベントの開催など、公民が連携して、新しい長門湯本街を作り出す試みが着々と進行中です。
→ 長門湯本みらいプロジェクト





東京から飛行機で約2時間、山口宇部空港に着いてから電車で約2時間かけて辿り着く長門市。時間かけても行けばわかる魅力的な「ひと」に出逢えるまちです。自転車で地域を巡り、様々な体験を通じて、ぜひ長門の人々のあたたかさと触れ合ってください。きっと、心が満たされることでしょう。NAGATO散走については、下記のウェヴサイトをご覧いただきお問合せください!
→ ながと観光ナビ「ななび」
→「仙崎HIMONO散走」モニターツアー実践レポート

2019/9/3-9/29「はじめてなのになつかしい仙崎」散走のまなざしフェア-山口県・長門市-

琵琶湖散走


湖面をすべるとさわやかな風にふれたら、少し止まって波のささやきを聞いてみて。おおらかな琵琶湖の息づかいを五感で感じ、そのすべてに身を任せてみたら、もう少し走ってみたくなった。ね、ビワイチしよっか!
→ ビワイチウェブサイト
そんな気分にさせてくれる琵琶湖の散走♪



びわ湖は一周(南は瀬田唐橋まで)約200km。琵琶湖大橋以北の「北湖(ほっこ)」一周なら約160km。大橋以南の南湖(なんこ)は省略して、1日で「ビワイチ達成」する健脚サイクリストもいますが、ほとんどペダルを踏むだけの旅より、ゆっくり名所に立ち寄り、美味しいものを味わうなど、湖畔の魅力を楽しむ散走がおススメです!



東京から新幹線で約2時間で「米原駅」に到着すると、駅構内にあるシャワールーム、ロッカーなども完備されているサイクルステーションでビワイチオリジナル自転車を借りることができます。




ビワイチの人と旅人をつなぐサイクルステーションを運営するNPO法人五環生活さんは「五環+環境+暮らし」をコンセプトとして2006年7月より滋賀県彦根市で活動をしています。サイクルツアーも企画しており、サポートカーでナビゲーションしてくれることも可能です。琵琶湖をゆっくり巡るために開発されたレンタサイクルは、初めて乗る人に感動され、きちんと整備されていると口コミで広がり、海外からも多くの方が訪れているそうです。
→ 五環生活のウェブサイト




ビワイチオリジナル自転車「macchi cycles」は信楽のフレームビルダー植田真貴さんによって手づくりされています。
→ macchi cyclesオフィシャルサイト




米原駅からすぐ、琵琶湖を巡ることもできるし、近江鉄道で持ち込み料無料(運賃のみ)のサイクルトレインを利用することもできます。車窓を楽しみながら、忍者の里 甲賀の歴史や伝統工芸を巡る散走もいいでしょう。



信楽鉄道もサイクルトレインが運行されており、終点「信楽駅」には狸が可愛い顔してお出迎えしてくれます(笑)。芸術のまちには至る所に狸が現れ、日本六古窯のひとつに数えられる信楽焼はもちろん、陶器のテーマパークには世界の陶芸に出会うことができます。→ 信楽観光協会
※サイクルトレインについては運行していない個所があるのでご確認ください!




今なら、滋賀・びわ湖戦国ワンダーランドキャンペーンを開催中なので、滋賀県内8つの“国”を制覇すべく、攻略スポットを巡るスタンプラリーに挑戦しながら、歴史や文化を巡る散走も楽しいかも知れません。
開催期間:2019年11月1日~2020年2月29日まで





湖畔沿いで、必ず立寄りたいスポットには、琵琶湖を一望できる「琵琶湖大橋」は、橋のてっぺんで立ち止まってゆっくり撮影も楽しむことができます。




ビワイチ1周しなくたって、琵琶湖の聖地碑にも立寄って記念撮影したり・・・




「しあわせの丘」にも寄り道して、ぜひ記念写真を楽しみましょう♪




パワースポット神社では、スケッチ散走してみたり・・・



堀切港から約10分ほどで到着する「沖島」へ渡船に自転車を乗せて・・・のんびり島時間を楽しむのもいいかも♪ 
近江八幡市の沖島は、人口約300人の住民が暮らす琵琶湖に浮かぶ国内唯一の有人島。猫に出会う確率が高いことから【猫島】としても人気のスポットで、島民の暮らしは徒歩か自転車のリズムでゆったり過ごすことができるそうです。
→ 沖島の情報はこちら



そんな魅力いっぱいの美しい琵琶湖の環境を守り続けているのが「魚のゆりかご水田」プロジェクトを推進する地元の有名人 堀 彰男(ほり あやお)さん。




昔の近江平野の水郷地域は、田んぼと湖の魚が共存して、船で暮らしていたといいます。水害から田んぼを守るために嵩上げしたことの弊害から、生態系が崩れてしまい外来魚が増えたことで、在来種が育たなくなったといいます。




むかしから須原の土地は須原のヒトが守ってきました。そんな豊かな自然を次世代に受け継ぐのが、せせらぎの郷の取り組みです。そして土地と一緒に受け継がれてきたのが文化。お年寄りが受け継いできた文化を次の世代に受け継ぐために、郷全体で活動に参加しています。
→ せせらぎの郷 田んぼオーナー・プロジェクトサポーターも募集中!





せせらぎの郷近くにある地元の漁師さんが経営するカフェでは、ビワマスサンドやブラックバスサンドなどユニークな絶品の味を楽しむことができます。




美しい湖の魅力をたっぷり楽しんだ後は、地元の食材をつかった郷土料理をぜひ味わってほしい・・・琵琶湖を愛する人々のあたたかさが心にしみて感謝の気持ちでいっぱいになりました。

ビワイチを自転車でただ走るだけじゃもったいない!
地域をゆっくり散走しながら、歴史や文化、地元の暮らしに少し触れるだけで、ひとりひとりの中にある知的好奇心が湧き上がってくることでしょう。


琵琶湖散走の様子は「がんちゃんむろちゃんのスケッチ散走物語」で随時アップされる予定なので乞うご期待ください。


2019/10/4-10/27 「琵琶湖,浜名湖,霞ケ浦」湖一周サイクリングへようこそ♪
【報告】10/4 自転車キャンプのススメ!「琵琶湖,浜名湖,霞ヶ浦」3湖の魅力
【報告】10/13,14 車輪と出会いの演劇ごはん
【報告】10/20 自転車で巡るイラストレーター岩本陽子のスケッチ講座
【報告】10/20 3湖の地酒を楽しむ会

浜名湖〜舘山寺散走


浜松駅から舘山寺温泉行バスで約45分で到着する夕陽が美しすぎる浜名湖舘山寺。舘山寺温泉の宿泊客であれば1日4便運航している無料シャトルバスで、15時発に乗車すれば露天風呂から夕陽を見ることができます。



舘山寺の門前通りにある元お土産屋さんが改修されて、2019年11月に浜名湖の新たなサイクルステーション「HAMANAKO ENGINE」(ハマナコ エンジン)がオープンしました。





e-bikeのレンタサイクルや、シャワールーム、ロッカーはもちろん。地元の食材をつかったメニューも楽しめる拠点として徐々にサイクリストに人気のスポットとなっています。



ハマナコエンジンの前には、ライダーズカフェ・バイカーズカフェとして人気のKUSHITANI CAFEがあり、週末になるとバイク乗りたちが集まっています。




ホテルサゴーロイヤルさんの露天風呂から眺める浜名湖の絶景は最高に癒されるので日帰り温泉だけでも利用することが可能です。宿泊すると、なんと!遊覧船乗車券がもらえちゃいました!※サービスについては直接ホテルにご確認ください。




舘山寺から大草山にはロープウェイでも登れるけど、e-bikeでスイスイ登れちゃうので誰でも散走が楽しめます。来年には新たな自転車の拠点ができる計画があるそうで、さらに人気スポットになること間違いなし。




地元の活性化に一躍担うHAMANAKO ENGINEの運営会社、Re・lationさんは独自の建築スタイルを追求し、中世ヨーロッパのとある小さな村に迷い込んだ場所「ぬくもりの森」も運営されています。舘山寺からすぐ近くにあるので、おススメスポットのひとつ。レストランや、可愛い雑貨、ここでしか味わえない絶品ジェラートの種類も豊富です♪





浜名湖湖畔沿いへ向って、車の少ない山間を抜けていくと、自然豊かな牧場で牛や馬が歓迎してくれてるように風景を楽しむことができます。




浜名湖畔で迎えてくれたのは、ウィンドサーフィンを楽しむ人たちが湖面をすべるように風と遊んでいるような景色です。





ここでは、BIKE&CAMPも楽しめるお洒落なキャンプ場「TARI CANHA Murakushi BEACH」があります。自転車散歩道具製作工房として、アウトドア用品販売他、カフェも運営しているので、気軽に立寄ることもできます。ご家族連れでも楽しむことができるスポットでしょう。
かんざんじ散走の様子は、下記の動画を是非ご覧ください!




今なら、ハマイチスタンプラリーで魅力的なスポットを巡って、美しい絶景と海の幸を楽しまれたらいかがでしょうか?
期間限定:2019年4月26日(金)~2020年3月15日(日)

ハマイチ1周走るだけじゃもったいない!
浜名湖散走をぜひお楽しみください♪

浜名湖散走


東京から浜松まで約1時間半。ローカル線に乗り換え、約20分で「鷲津」駅に到着し、駅前のハマナコサイクルさんでガイド付きレンタサイクルを利用して、1日で浜名湖を満喫できるという贅沢な散走。E-BIKEをレンタルできるので湖畔の向い風も気にならず快適に散走を愉しむことができます♪



※ハマナコサイクルさんではオリジナルツアーも実施しているので、下記のブログもご覧ください。
→ https://www.ove-web.com/news/Nblog/Nsanso/entry-2687.html
→ https://www.ove-web.com/news/Nblog/Nsanso/entry-2690.html



浜名湖までの道中にある「新居関所」は、入り鉄砲と出女で有名な関所があり、日本で唯一の関所建材が現存されています。敷地内には資料館もあるので時間があればゆっっくり歴史を辿ってみると考え深いものがあります。



牡蠣の養殖が盛んな地域でもあるので、毎年1月、関所で牡蠣が食べられる行事には地元の人が多く集まってくるとか。




関所大門のすぐ近くにある「あと引きせんべい」という銘菓が有名。先代のご隠居が焼いた煎餅を、たまたまお泊りした大名に差し上げたことから広がり名物になったとか。素朴な味があとを引くのがたまらない。




遠州灘と通じている浜名湖は、海水と淡水が混ざる汽水(きすい)湖として、鮮魚の種類が豊富。湖畔沿いを巡ると、磯の香りが漂い、漁師さんたちが勇ましい姿で漁をしている姿を見ることができます。




浜名湖を1周サイクリングするだけでも楽しいのですが、せっかく行くなら最低でも1泊しないともったいない!ほど、地元でしか味わえない食を楽しむことをおススメします。




ヒラメの養殖業を営む伸東養魚さんでは、地下浸透水を使って餌や温度管理も徹底研究され、1年3か月もの費やされたヒラメは、新鮮な状態でしめてフィレの状態で分けていただくことが可能になりました。生活者の気持ちに寄り添いながら、自然と向き合い美味しいヒラメを食卓に届けてくれる…食べたらわかる絶品の味わいです!



そして近隣にあるヤマサ水産さんでは、漁師さんと試行錯誤でつくった生海苔がおススメのぜひ立寄っていただきたい直売所。芳醇で磯の香りが口の中で広がるので、土産物を買って直送してもらうこのがいいでしょう!




すぐ近くの海老仙さんでは、その日に水揚げされた鮮魚をその日の午前中には顧客ニーズに仕分けされて発送されています。3日前に依頼しておくと、個人であっても新鮮な状態で取分けしてもらうことが可能。うなぎをはじめ、天然の鮮魚を買うならぜひご予約を。






東京では築地や百貨店で購入できても、何といっても現地で食べるのが一番!フグは水揚げされたものを磨いて(地元の人は加工することを磨くと言う)3-4日熟成させて食べることができる。祝い事には「福来れ!」と注文が多いそうです。




さらに進むと、湖畔沿いにある海釣公園ではお天気に良い日は富士山を眺めながら、毎日地元の人が釣りを楽しむ様子が見れます。公園内の海湖館では期間限定で、うなぎのつかみ取りイベントを実施していて、その場で獲れたてのうなぎが食べられると、地元の家族連れにも人気だとか。




弁天島の鳥居が見えて景色最高!地元の人は、ここを日本のカリフォルニアだと言われています。笑

湖畔を離れて少し山間に向かうと、お茶の生産地として有名な静岡県でも、オーガニック認証のお茶を手掛けている日本農園さんにも立寄りました。地元の子どもたちにも愛される「ハイジ」という山羊が出迎えてくれます。少しでも安心安全なお茶を栽培することにこだわっているので、山羊が除草作業を担ってくれているらしい。




茶畑を眺めながら、美味しいお茶を飲んでひとやすみすると至福のひとときです。




浜名湖湖畔沿いにある、天竜浜名湖鉄道は自転車もそのまま乗せられるサイクルトレインが走っています。駅のベンチで列車待ちしている時間に、目に焼き付いた浜名湖の景色をスケッチしたり、ウクレレ弾いたりする時間も楽しんでいると、同じく列車待ちしているおばちゃんたちともあっと言う間に仲良くなれたり…。




各駅ごとに、暮らしを感じる鉄道として地元の人達にも人気がある列車は、各駅停車で巡ることも楽しく、様々なイベントも実施しています。自転車乗り捨てして最後に立寄りたいスポットとしては、地酒の老舗「はなの舞酒造」さんを終着駅にするといいかも。





こだわりの地酒ができるまでの映像や工場見学した後に飲む地酒の試飲は格別なものとなるでしょう。地酒の味わいは、素人でも理解が深まるほど贅沢です。※レンタサイクルのピックアップは借りた拠点でご相談ください!




浜松には「やらまいか」という言葉があるように「やってやろうか」の心意気が表れるほど、生産者のみなさんのチャレンジ精神には脱帽します。




浜松を離れる前に立寄ってほしい、こだわりのチーズ工房「HAKU」さんで地元牧場の生乳からできた様々な種類のチーズの試食がおススメです。たくわん味に、青海苔味、今まで出会ったことない面白い味が癖になります。



そして、浜名湖散走を満喫したら、最後のグルメは「浜松餃子」を食べましょう♪ここでも種類豊富な食べたことない餃子を楽しむことができるでしょう!



浜松・浜名湖ツーリズムビューローさんを訪ねると、地元の人しか知らない情報や、自転車で散走するのにおススメ情報を丁寧に教えてくれます。浜松駅周辺には「はままつペダル」でもレンタサイクルを利用できます。



浜名湖散走&地元グルメを楽しみたいなら、1日ではもったいない!何度も訪れたくなる浜名湖は魅力たっぷりのまちと人が溢れていました♪

浜名湖散走の様子は「がんちゃんむろちゃんのスケッチ散走物語」で随時アップされる予定なので乞うご期待ください。

浜名湖〜舘山寺散走の様子はこちらをご覧ください!

こんなイベントも開催予定♪
2020年3月28・29日に開催します「浜名湖サイクルツーリング2020」の募集を開始しました!
→ http://www.hamanako-ct.jp/wp/archives/845


2019/10/4-10/27 「琵琶湖,浜名湖,霞ケ浦」湖一周サイクリングへようこそ♪
【報告】10/4 自転車キャンプのススメ!「琵琶湖,浜名湖,霞ヶ浦」3湖の魅力
【報告】10/13,14 車輪と出会いの演劇ごはん
【報告】10/20 自転車で巡るイラストレーター岩本陽子のスケッチ講座
【報告】10/20 3湖の地酒を楽しむ会

さいたま散走ご紹介


集中豪雨時に中小河川が溢れそうになった水を流し込むことで、洪水被害を未然に防ぐ施設では、水が無い時は巨大な地下神殿になっている、春日部市上金崎に在る首都圏外郭放水路を巡る「春日部・地下神殿散走」や、曼珠沙華の群生地でも知られている日高市・巾着田(きんちゃくだ)&高麗神社を巡る「曼荼羅散走」



他にも、大工の神様として崇められている、国の重要文化財の聖徳太子像(鎌倉時代)が安置されている行田市荒木に在る天洲寺へ、太子の命日(2月22日)に秘仏の聖徳太子像を観に行く「天洲寺例大祭散走」は毎年恒例行事となっています♪



さいたまの奥深い歴史や季節、自然を楽しめる散走を、さいたま市見沼区にある「自転車工房いのうえ」では毎月ご案内しています。さいたまの魅力を自転車で巡ってみてはいかがでしょうか?
さいたま散走を巡ってみたいな!という方は、自転車工房いのうえ 担当:井上一さんまでご相談してみてください。きっと、知らなかった”さいたま”に出逢えることでしょう♪
TEL:048(687)7096 E-mail:cyu01466@nifty.com


※こちらの散走はOVEが主催する企画ではありません。
五感をフルに使う散走は、いま日本のあらゆるまちに広がっています。「散走ってどんなの?」「一度試してみたかった」という方、どうぞお気軽に参加してください。これをきっかけに、あなたのココロとカラダに優しく健康的なライフスタイルとして、散走を取り入れていただければ嬉しいです。

メールマガジン登録・解除 pageTop