OVE

日々を綴るスタッフ日記

令和初の散走in愛媛県松野町




新元号「令和」迎えながら、俳句の記念館や戦国時代の山城跡を巡る散走。河後森城跡(かごもりじょうあと)は、平成9年9月11日に国の史跡指定を受けた中世の山城です。四万十川の支流広見川、その支流の堀切川・鰯川の三つの川に囲まれた独立丘陵上にあって、最高所の本郭を中心として、山の稜線部には馬蹄形に曲輪(くるわ:平地)が展開しています。



戦乱の時代、伊予(愛媛)と土佐(高知)の国境の要所として築かれた河後森城の規模は、愛媛県最大級と言われています。当時、城主が家臣や住民と飲食をともにする茶会の儀式が執り行われていたことから、常に「中立」であることの重要な役割を担っていた地域ではないか?と感じさせられます。




宿場町の面影が残る町の中心には、彗星のごとく大正・昭和の俳壇を駆けぬけた芝不器男記念館が保存されており、現在も松野町の小学校では、授業の中で「俳句」に親しむ教育が行われているそうです。



不器男が残した文化を辿る吟行散走(ぎんこうさんそう)を愉しむのも、より深い松野町を知るきっかけになるかも知れません。




松野町では、農家民泊も多く点在しており、森の国ファームではレンタサイクルもあり、新鮮なトマトが収穫できて、その場でバーベキューも楽しむことが出来ます。





JR松丸駅には「森の国ぽっぽ温泉」と無料の足湯もあり、電車を待つ時間も楽しめ、新幹線の列車やかっぱうようよ号という列車も停車します。





四万十川流域近くでもある松野町では、現在も天然ウナギが鮎など美味しい食材の宝庫です。四万十と南予をつなぐ予土線にはサイクルトレインも運行しているので、ぜひ自転車で訪れてはいかがでしょうか?
※運行情報は下記をご覧ください。
https://ehime-cycling.jp/Sites/train-operations.pdf



今回の散走は、サイクリングフォーチャリティ応援プロジェクトとして、地元で活躍する菓子工房KAZU新改さんはじめ、地元で活躍する方々にご案内いただきました。

愛媛県宇和島市九島散走!うまいもんトリップ


宇和島の楽園とまで言われる九島を巡る散走。宇和島市内から自転車で走ること15分、「九島大橋」を渡ると今回の目的地「九島」に到着です。自転車で巡れば60分ほどでぐるっと一周できる小さなこの島には、特別な施設はありません。そこにあるのは、海と空、島を覆う豊かな緑、そして夏の日差しよりまぶしい島の人たちの笑顔――。





大自然の中でゆったり過ごす時間が、何よりも贅沢だと感じさせてくれる「楽園」がここにはありました。





大自然と美しい景色があふれている島でゆったりした時間が流れるように満喫でき、九島の新鮮な鯛やジビエ、旬の食材を使ったコースメニューが贅沢なな散走です。



今回の散走は、サイクリングフォーチャリティ応援プロジェクトとして、地元で活躍する地域おこし協力隊の皆さまをはじめ地元有志で企画され、島の人々との交流が印象深い散走でした。

愛媛県「やわたはま」まるごと町並み散走のご紹介


愛媛県八幡浜市の海沿いや山をのんびり巡りながら、八幡浜の近代遺産や自然、そして美味しいグルメを堪能する散走。




道の駅みなとオアシス「八幡浜みなっと」から海岸線向灘を通りトンネルを抜けてれ歴史と産業のまち保内へ。港町ならではの貿易が盛んだったことを感じさせる町並みには、旧東洋紡の赤レンガ倉庫が、この地区の黄金期を象徴する見事な産業遺産として今も建物が残っています。




川之石地区の隆盛を垣間見る産業遺産や、海上交易が盛んであった雨井地区の家々や横綱の生誕地を巡ると、海運業をはじめとする紡績や鉱山の産業発展の歴史を辿ることが出来ます。





1937(昭和12)年に建設された、国登録有形文化遺産である「内之浦公会堂」は、外観は洗い出し技法が用いられ、西洋建築を意識した造りになっており、今なお地元の人々によって、当時の歴史が大切に継承されています。





少し町中へ移動すると、嘉永7年(1854年)に上棟された武家様式の屋敷に、鉱山・紡績経営で財を成した旧白石和太郎洋館があり、当時の栄華を感じることが出来ます。



「やわたはま」まるごと町並み散走を体験されるなら「道の駅みなとオアシス八幡浜みなっとみなと交流館」に、MAPやレンタサイクルも用意されています。交流館では新鮮なお魚もその場で調理して食べることができるので、ぜひ自転車でゆっくり巡ってみてはいかがでしょうか?※詳細は下記のHPをご覧ください!
http://www.minatto.net/minato



八幡浜では現在、漁業はもちろんのことミカンの生産も盛んで、英国湖水地方ダルメインで2006年から開催されている、世界最大のイベント「世界マーマレードアワード英国大会」に準じた日本大会を、今年初めて八幡浜市で開催するそうです。※詳細は下記のHPを参照ください!
http://marmalade-festival.jp/



GW大型連休で賑わっていた5月3日「道の駅みなとオアシス八幡浜みなっとみなと交流館」にて企画された散走では、今回特別に塩パン発祥のお店「パンメゾン」の 塩パンと、浜っ子作業所 みかんのジャグチ、そして八幡浜市役所水産港湾課からいただいた手ぬぐい(非売品)のお土産付きでした♪



今回の散走は、サイクリングを通して、子どもたちが抱えている社会と教育格差の認知度を上げ、支援を必要としている子どもたちを応援する「サイクリングフォーチャリティ」応援プロジェクトとして、参加費の一部は地元の児童養護施設に寄付する予定です。

真庭で散走サイクリング2019のご紹介


岡山県の中山間地域に位置する真庭の散走。2014年から地域住民による、地域の魅力を発見しながら創り上げられた100%満足度の高い散走企画。今年は9つの散走が展開されます。散走イベントの詳細は、真庭観光局のウェブサイトをご覧ください♪散走以外にも、真庭ではいつ訪れても楽しい、様々なアクティビティ情報満載のウェブサイトも、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか?










せとうちスローサイクリングのご紹介

愛媛県今治市のシクロ農園から、瀬戸内でつながる広島県三原市の佐木島・小佐木島を2日間で巡るアイランドホッピングツアーのご紹介です。OVEがご提案している「散走」の概念と同じように、せとうちの島々を巡りながら、人々の暮らしを垣間見ることで様々な発見が楽しめることでしょう。




五感をフルに感じる、わくわく収穫体験や、地元の新鮮な食材を使ったバーベキューも楽しみながら、島々の暮らし、瀬戸内に溢れるリズムは、きっと日常の疲れを癒してくれます。離島にある小さな島でしか味わえない魅惑のひと時をぜひ、お楽しみください♪
詳細は、シクロツーリズムしなまみウェブサイトをご覧ください!

メールマガジン登録・解除 pageTop