OVE

日々を綴るスタッフ日記

ソーシャルプロダクツ・アワード2018 展示会

優れたソーシャルプロダクツを表彰し、社会に広く発信する「ソーシャルプロダクツ・アワード」は今年で6回目を迎えます。OVEでは第1回からその取り組みに賛同し、その年々アワードを受賞したソーシャルプロダクツの展示・紹介を行ってきました。今年も、その受賞商品をどこよりも早く皆さまにご紹介します。

2018年3月2日(金) - 2018年3月11日(日)
10:00-19:00/最終日は16:00まで



人や地球にやさしい商品である「ソーシャルプロダクツ」の普及は、より良い社会、持続可能な社会の実現につながり、“ 自転車のある暮らし ” をご提案しているOVEともつながりの深いもの。3月は、「より良い社会づくりとソーシャルプロダクツ」をテーマに様々な企画を展開いたします。



<イベント情報>
“ ソーシャル × 散走 ” 企画コンテスト2017 受賞作品 実現企画
私の散走、実現しました - 谷根千の街並みとクラフトビール
日時/2018年3月3日(土) 集合 13:00 上野公園、解散 17:00 JR日暮里駅
参加費/8000円(自転車・ヘルメット・グローブレンタル料、終了後打ち上げ代、保険料付き)
→ 詳しくはこちらへ

“ サイクリングアイランド四国! 旅の魅力 ”
日時/2018年3月23日(金)18:30 ~ 20:30(受付18:00~)
参加費/2000円(ご当地グルメ試食、四国自転車マップ付き)
会場/LIFE CREATION SPACE OVE → HP
→ 詳しくはこちらへ


<ソーシャルプロダクツとは>
企業および他のすべての組織が、生活者のみならず社会のことを考えて作り出す有形・無形の対象物(商品・サービス)のことで、持続可能な社会の実現に貢献するもの。



展示会に先立ち、2018年3月1日(木)ソーシャルプロダクツ・アワード2018 表彰式が開催され、国内・国際部門ともに、大賞・優秀賞・生活者審査員賞・特別賞・ソーシャルプロダクツ賞が送られました。

表彰式後のレセプションパーティーは受賞者交流の場となりました。取扱いするものは様々ですが “ ソーシャルプロダクツ ” に取り組む方々の情報や意見交換は興味深く、今回の受賞により活躍の場がますます広がることを期待&応援しております。




国内部門大賞
森のともだち チエモク株式会社
商品・サービス概要/北海道下川町役場と共同で開発した、赤ちゃんから大人まで使える木製うつわのシリーズ。年々減少していく北海道の広葉樹の中で、豊富な資源量ながら製品活用されにくかった早生材に着目して下川町産「はんのき」と「しらかば」を有効活用。女性が多い木工メーカーならではの特徴として、使い手の目線の機能性とデザインを込めて製作している。従来の木製食器と比べ、これまでにない使い心地と耐久性を実現し、木の器なのに快適に使えるとの認知度も上がっている。
→審査員評価はこちら




国際部門大賞
love lotus Bean to Bar&Rawチョコレート 株式会社ロータスコンセプト
商品・サービス概要/農薬・化学肥料不使用のベトナム産カカオ豆を使った石川県初のBean to Bar&Raw チョコレートブランド。使用しているカカオ豆は児童労働や搾取のないものを選定。また、そのカカオの皮むき作業は、県内の障害者就労施設に委託している。パッケージには、石油由来の素材を可能な限り排除した貼箱を使用し、チョコレートを食べた後も小物入れ等に利用できるようなデザインとなっている。さらに、商品の売上の一部は児童養護施設の子ども達への木育活動に寄付する等、幅広い取り組みが実施されている。
→審査員評価はこちら

メールマガジン登録・解除 pageTop