OVE

日々を綴るスタッフ日記

【お知らせ】 “ 夏の薬膳 ” 7月14日よりスタートします!

【夏の薬膳】 ひじき蕎麦 /1700円
玄米ごはん・小鉢1品・薬膳甘味・飲み物つき



.
「今年は、ひじき蕎麦いつから始めるの?」というご質問にお答えして、少し先くお知らせ掲載しました!

夏は心の動きが旺盛になります。
ひじき蕎麦のつゆには、黒豆の煮汁やひじき、ひらたけしめじが入っており栄養満点。ひじきは、心を養う海藻です。熱をとる夏野菜や、ねばねば野菜、海藻をたっぷりのせてお出しします。
甘味はとうもろこしババロア。とうもろこしは、体を冷やし過ぎず、熱をとり胃腸の働きをあげてくれる夏にぴったりの野菜です。
心を整え、元気ハツラツに楽しい夏を過ごしましょう。

2020年9月末日まで
※ 状況により、変更する場合もございます。
予めご了承くださいますよう、よろしくお願いいたします。

“ 春の薬膳 ” 3月1日よりスタートします!

【春の薬膳】 豆乳トマトうどん /1700円
食前酢・玄米ごはん 又は バケット・小鉢・甘味・飲み物



自然界が伸びやかに成長する目覚めの季節。陽気が盛んになることで、気血の流れが活発になります。気血を調整する肝(かん)の働きを安定させる食材のセロリやターメリックをトマトソースに加え、脾(ひ)の働きに潤いを与える豆乳と自家製のラー油を絡めてお出しします。

甘味はリラックス効果のある桜の香りが漂うババロア。春は体をゆるめてゆったりのんびりすることが大切です。どうぞOVEでゆったりとお過ごしください。

2020年4月30日まで

“ 柚子豆腐のハンバーググラタン ” 明日からスタートします!

【目指せ!自転車パラダイス宮崎 旅フェア】 期間限定メニュー
柚子豆腐のハンバーググラタン/1700円(税込)
食前酢・味噌汁・玄米ごはん・小鉢・甘味・飲み物



.
乾燥した季節にキリっとした寒さが一層厳しくなる季節。身体を動かす機会もつい少なくなりがち。冷えからの風邪予防に冬至養生をしていきましょう。

豆腐は胃腸の働きを活性化してくれます。味の決め手となる味噌は整腸作用を発揮します。蓮根は粘膜保護に効果的。そして柚子の皮は毛細血管を刺激して血行を促進したり、気滞の巡りを助けてくれます。宮崎の “ かぐらの里 ” から届いた ゆずみそ・赤ゆずこしょう・特製ゆず甘納糖 を使い ご用意します。

2020年2月1日~2020年2月24日




西都市東米良の柚子の生産地 “ かぐらの里 ”
木材の自由輸入化により、東米良地区を支えてきた林業は外国産の安価な木材に押され徐々に衰退。「このままだと村がなくなってしまうのではないか?」村がなくなれば、国指定重要無形民俗文化財の銀鏡神楽をはじめとする集落の伝統文化や歴史もなくなります。「 千年 生きる村を 」と生き残りの道を探し、東米良に自生していた柚子に着目し、本格的な栽培を始めて四十年近く。西都市東米良地区銀鏡は今や宮崎県随一の柚子の生産地となりました。

Cyclingood-冷えを防ぎ、腎のはたらきを支える「冬至養生」で春に備える。


「Cyclingood/サイクリングッド」024 紙面版-LIFEのコーナーでレシピをご紹介しております。

今回の “ Eat ” は、毛細血管を刺激するゆず、胃腸の働きを活性化する鶏肉や豆腐、粘膜を保護して風邪から守るレンコンなどの食材が腎の働きを支え、寒さによるダメージを防ぐ働きを持つ食材を使ったレシピです。東洋医学陰陽五行を軸に、空間と食・大切な人に贈る食を提供するフードセラピスト石光映美子が季節による体調の変化をひも解きながら、簡単にできる対処法やレシピをご提案します。


「Cyclingood-冷えを防ぎ、腎のはたらきを支える「冬至養生」で春に備える。」の続きを読む

“ 冬の薬膳 ” 明日からスタートします!

【冬の薬膳】黒胡麻豆乳うどん/1700円(税込)
食前酢・玄米ごはん・小鉢1品・デザート・飲み物つき



.
冬は“ 閉蔵 ”して過ごし、春を待ちます。一年中各臓腑はよく働き消耗しており、これらのもととなる精気は腎に貯蔵されています。冬の間に命を支える物をたくさん食べて体を養いましょう。

腎を補う黒の食材「黒胡麻」の特製ダレと豆乳を組み合わせ海藻や旬の野菜をたっぷりのせたうどんをご提供します。食後には、黒蜜ときなこのパフェを。

睡眠を充分とり体を温め、気持ちを落ち着かせて過ごすよう心がけましよう。

2019年12月1日~2020年1月31日

[1] [2] [3] [4] ...7 次の5件 »

メールマガジン登録・解除 pageTop