OVE

イベントのご報告


NPO法人ふるさとイベント協議会では、環境にやさしく、健康と自然を守ろうとする農業生産者を応援することで、ふるさとが守られるような活動を続けて、今年10周年を迎えられました。無農薬、減農薬、非化学肥料、非遺伝子組み換えなど、極力、自然な農産物を生活者に届けるために、イベントを通じて、同じ思いを持つ方々と交流できる場を創造し、OVEでは年1回のイベント企画を実施してきました。



今年は、心と体に氣持ちいい「100年元氣」を考えるをテーマに、映画『100年ごはん』を上映。上映する映画は、大分県臼杵(うすき)市を舞台に有機農業をめぐる人々や活動を追ったドキュメンタリー映画です。→100年ごはん公式HP



当日は、監督の大林千茱萸(ちぐみ)監督をはじめ、臼杵市の関係者も参加されました。「新しいけど、昔から大切なこと。健全な魂は、健康な食べ物から。健康な食べ物は、健全な土から」。無化学合成農薬・無化学肥料の野菜作りを推進する大分県臼杵市は、2010年に、草木8割、豚糞2割を主原料とした堆肥を製造する「臼杵市土づくりセンター」を開設。将来的には子どもたちの給食を臼杵の野菜でまかないたい…と、全国でもはじめての試みに試行錯誤しながら、現代の「食」にとって何がほんんとうに大切かを考え続けています。




当日は臼杵市から届いた新鮮な野菜やかぼす果汁、こだわりの生産者さんの商品も購入できて、交流パーティーでは、臼杵市の食材を活かしたお料理やワインもお楽しみいただきました。生産者さんの想いを伺いながら、食を味わい交流できる特別な場となったことでしょう。



NPO法人ふるさとイベント協議会では、農業体験や研修会、セミナーなどイベントを通じて、国産農産物の消費拡大や農村の活性化、農村の環境保全、および農業の発展的存続に貢献しています。ぜひ、一度イベントに参加されてはいかがでしょうか?

  • 前の案内へ
  • イベントカレンダーへ
  • 次の案内へ
メールマガジン登録・解除 pageTop