OVE

イベントのご報告


What? サイクリング・フォー・チャリティとは?
「サイクリングを通して子供の教育格差の認知度を上げ、支援を必要としている子供達を応援する活動」です。日本オラクル(株)社員の高橋陽介さんが発起人となって、毎年チャレンジングな目標を掲げて実践し、昨年2017年度は、多くの参加者とサポーターの協力で、東京から稚内経由で女満別をゴールとし2551キロをサイクリングし、5,115,617円を寄付する事が出来ました。



今回は、プロジェクト主旨に賛同いただいた方々にお集まりいただき「サイクリング・フォー・チャリティ2018キックオフ」をOVEにて開催。多様性あふれるチーム体制で、世界中の参加者に日本に訪れてもらい、旅の途中に児童養護施設を訪問して、支援する子供たちと地域の関わりを大切にするプロジェクトについて、高橋陽介さんにご紹介いただきました。



今年は、大きな目標を掲げて東京~北海道・知床までをチームで40,000キロ(地球一周)の距離にチャレンジし、1人でも多くの子供の夢をかなえるために、寄付金も1,000万円を目指すことに!




さらに今年は応援プロジェクトとして、本プロジェクトのコース距離は走れない! スピードについていけない! でも応援したい!という、ご家族やご友人におススメしたい「日本で最も美しい村散走」を実施することになり、一般の方でも応援いただきやすい企画をご紹介いたしました。



「日本で最も美しい村散走」については随時OVEウェブ新着情報にてアップデートいたします。日本で最も美しい村連合についてはこちらのウェブサイトをご参照ください!



懇親会では、OVEカフェから日本の春の風景を感じさせてくれるメニューをご提供し、北海道を目指すチームを応援する食材や、四国フェアにちなんだ食材、春らしさたっぷりのお料理で自転車で訪れるまちの季節を創造しながら楽しい時間を過ごしていただきました。





<当日のメニュー>
・ゆのす ジュレよせ(トマト、豆腐、ルッコラ)
・八朔と春野菜マリネード
・オープンサンド(フムス、カラーピーマン、紫水菜)
・じゃがいもボールと、きゅうりの酢漬
・ラム肉&じゃがいもソテー
・菜花とトマトのフィジッリ



「サイクリング・フォー・チャリティ2018」活動の寄付金は以下へ全額寄付し、応援プロジェクト「日本で最も美しい村散走」の寄付金は、各地域の児童養護施設に寄付する予定です。 
NPO法人 Bridge for Smile
NPO法人 Living in Peace



※高橋さんの活動は(株)シマノが発行しているcyclingoodでもご紹介していますので、ぜひご覧ください!

  • 前の案内へ
  • イベントカレンダーへ
  • 次の案内へ
メールマガジン登録・解除 pageTop