OVE

散走のご報告


今年の七福神巡りはOVE始まって以来、初の日本橋七福神を巡る散走となりました。
土日の二日間行った散走の二日目、初日の情報を聞いてお参りに時間がかかることを知り、
「七福神巡り(色紙にスタンプを集めて回る)は楽しんで、時間があればお参りしましょう!」
とみんなで方針を決め、七福神巡りをすることにしました。



混んでいるとウワサの小網神社からスタート、ウワサ通りの行列を目の当たりにし、寒い日陰に1時間以上並ぶのはさっさと断念。「時間が余ったら帰ってこようか」と次を目指します。
2箇所目の茶の木神社と水天宮はお詣りをして次を目指します。甘酒横丁の手前、松嶋神社の行列を見てこれ以降のお詣りは断念。末廣神社には飛騨から来たという天狗が獅子を連れて幸運のおまじないをしてくれました(希望者のみ)。すぐ近くの笠間稲荷神社で御朱印をいただくと、残すは一箇所。少しだけ離れた椙森(すぎのもり)神社は、江戸時代は「富くじ」が行われていた神社の一つ。落語の舞台としても出てくることもあり、落語内での当たりクジの番号が書かれたお守り札があったり、ここにしかないという富塚もあります。



さて、七箇所回った!ということで時計を見ると、なんとまだお昼前。
それならば、帰りながら他にもお詣りしたい神社を巡ることにしようと決まりました。
その前に忘れてはならないのが、腹ごしらえ。秋葉原の入り口、万世橋のたもとにある「肉の万世」でランチをいただきます。昔ながらの「ファミリーレストラン」らしさが残る店内は、ほぼ満席。ジューっと音を立てる鉄板の音、たまりません。



食後、最初に向かったのはご近所、神田明神。えっちらおっちら坂を上って、神社の正面から見た人の多いこと!さっさと諦めて次に向かいました。

お次は靖国神社。広々とした境内に参拝客が大勢いたのですが、もともと広いこともあって、まだ余裕があります。本殿脇の能舞台では能が演じられていたのでしばし鑑賞。それからシンプルな佇まいの本殿でお詣りをしました。続いて傍にある大きな絵馬の下で記念写真。さらに遊就館の零戦の前でもパチリ。帰り道にあった記念撮影用の舞台でも集合写真を撮り、参道のお茶屋さんで甘酒をいただき、靖国神社を後にしました。




次の神社は「鳩森八幡神社」。千駄ヶ谷にある神社ですが、自転車のお守りがあることと、将棋会館の近くにあるので将棋のお守りがあることで知られています。立派な富士塚もあります。富士山に登頂、お詣りをしてから本殿に向かうと、茅の輪もありました。

お詣りをした後は、北参道の「DECK COFFEE AND PIE」へ。1日を振り返りながらコーヒーブレイク。OVEへと向かったのでした。

  • 前の案内へ
  • 散走カレンダーへ
  • 次の案内へ
メールマガジン登録・解除 pageTop