OVE

世界に誇る「堺打刃物」伝統工芸士 田原 俊一さん


世界に誇る日本料理を支えている「包丁」。そんな包丁の中でも、プロの料理人からも愛され、いま世界中から注目を集めているのが大阪府堺市で作られる「堺打刃物」。その職人として永きに渡り包丁作りに携わるのが、伝統工芸士でもある田原さんです。

「祖父も、親父も包丁づくりの職人で、私で3代目になります。こう話すと、私も幼い頃から職人になることが自然な流れのように感じますが、実は、親父は私を跡継ぎにしようとは思っていなかったみたいなんです。」

幼い頃から工房で家業の手伝いはしていたというものの、決して「家業を継げ」とは言われなかったそうです。

中学、高校時代は卓球部に所属し、部活動に熱中。高校卒業後は大学へと進学します。

「勉強が好きというわけではなかったので、部活動を一生懸命やっていましたね。その時の仲間は、この歳になっても集まったりするほど、仲が良いんですよ。」

「大学への進学も私にとっては自然な流れでした。経済やビジネスに興味もあったし、将来何かの役に立つかなという思いで、商学部を選びました。」

大学に進学、そしてその後は一般企業などに就職…という、家業とは関係なく、多くの人が進む人生の道を歩み始めていた田原さん。転機が訪れたのは、大学在学中のことでした。

「親父が身体を壊してしまい、入院したんです。「包丁を研ぐ」という仕事は、大きな砥石を回転させたり、泥を汲み出したりと重労働でもあるので大変なんです。もちろん、入院した親父の代わりなんて私が出来るはずもなく、同じ職人でもあった叔父や親戚の方に頼って、なんとか仕事をこなしていました。その頃からですかね、本格的に「包丁研ぎ」の仕事を手伝いはじめたのは。でもね、親父からは大学だけは卒業しなさい、と言われていたんです。結局、6年かかってしまいましたが、卒業して良かったなぁといまでも思っています。」

「家業を継げ」とは言わなかった父親の入院。その姿に、田原青年は一つの想いがやどり始めます。

「やはり、親父の後を継ごう」と。

こうして、「包丁研ぎ」としての人生をスタートさせた田原さん。しかし、それは大学卒という、周りの同業者からしても、遅い、遅い、スタートとなったのでした。




大学卒の職人。田原さんご自身も経験や技術の未熟さを痛感していたそうです。

「当時は、ただただ必死でしたね。もちろん、いろいろな方に支えてもらいながらでしたが、それこそ寝る間も惜しんで仕事をしていました。それと、堺打刃物づくりは分業制なんです。製造工程ごとに職人がいるので、周りに認められてようやく一人前なんです。自分一人で作っていたら、出来が悪ければ売れないだけで済むのですが、そうはいかないんですよ」。

そう語る田原さんからは、言葉にはしないが、それこそ血の滲むような努力の日々を送っていたことがうかがえます。

こうして職人として成長を遂げ、10年、20年、30年とその技を磨き続けてきた田原さんにもう一つの転機が訪れたのは60歳を迎える頃でした。

「日本食が海外でブームになり、それに伴い調理道具としての包丁にも注目が集まり始めました。日本では包丁を研ぐことは一般家庭の中でも行われる文化ですが、海外ではそれがない。プロのシェフが使う道具をメンテナンスするという大事な仕事として認められているんです。だから、研ぎ直しだけでも驚くような商売になっているんです。」

「堺打刃物」が海外で注目を集めるようになると同時に、作り手でもある田原さんを始めとする職人の方々に海外での講演依頼が入ってくるようになってきたそうです。

「海外で…なんていう人もいましたが、私は特にこだわりはありませんでした。日本文化を発信するという意味もありましたし、海外ではしっかりとビジネスとして成立していたことにも興味がありました。」

こうして60歳を過ぎてから年に数回、海外へと行くようになる田原さん。しかし、ここからが本当の凄さがでてきます。

「単純に、自分と違う世界って楽しいじゃないですか。それを面白いと思うのか、面倒くさいと思うのか。私の場合、もちろん前者なので、海外の行くのは楽しかったですね。そのうち、相手と話せるようになったらもっと楽しいのにと思うようになって。」

そう、田原さんは海外講演を機に英語やパソコンの勉強を始められたそうです。いまでは、海外のシェフやいろいろな方との交流が広がり、世界の友人などとメールなどのやりとりや日本に来た際に田原さんのところに遊びに来てくれるそうです。

職人というと一つの道を極めていく、いわゆる孤独な印象がありますが、田原さんの前には、日本を飛び越えて、世界の扉が大きく開かれているのです。そして、「知らないことを知るのは楽しい」、その想いを胸に常に新しいことにチャレンジする、バイタリティに溢れた姿勢こそ、職人という魅力の奥深さを物語っているような気がします。




伝統工芸士として今も活躍されている田原さん。その原動力は、職人としてのプライドと終わることのない好奇心にあるように思います。

「私の歳になると、同級生などはもう定年退職してしまっているんです。でも、職人には定年退職なんてものはありませんから、私はいまでも現役。そんな私を見て、友だちたちは口を揃えて、羨ましいと言うんです。やりたいことがあって、まだまだ自分を向上していけるというのは、本当にありがたいことだと思っています。」

いくつになっても学ぶ姿勢をもつこと、そして新しいことにチャレンジすることの大切さを、田原さんの人生を通して教えてもらったような気がします。

OVEでも散走や食など、さまざまな出合いを通じて、自分を見つめ、新しい発見をする喜びを提供しています。日々の小さなことを積み重ねていくことで私たちの暮らしは豊かになり、そして、その一歩を踏み出すのに、遅いことなんてないのだということに気づかせてもらいました。


近影

たはら・しゅんいち
約110年続く刃付け(研ぎ)職人の家系の3代目で、昭和41年(1966年)より家業に従事。海外の料理関係者との親交も深く、米国カリフォルニア大学デービス校とバークレイ校の学生に愛知県岡崎市でのサマーキャンプで和包丁の1日講師を6年間務めている。

Photo:

  • 前へ
  • この人と逢いたい一覧へ
  • 次へ
ツール・ド・フランスへ メールマガジン登録・解除 pageTop