OVE

地域と世界をつなぐ企業家


前田さんが代表取締役を務める株式会社ブレインは、青山の外苑前に会社があります。OVEのご近所さんでもあり、青山通りを起点とした四つの商店会(青山商店会連合会)の仲間でもあるのです。とくに、前田さんは語学出版という仕事ならではのおつきあいがある在日各国大使館とのつながりなども活かしつつ「青山まつり」や「自転車博覧会」など、青山という“まち”を盛り上げるイベントなどを実施するために、さまざまな取り組みをされています。

「特に青山という地域は、海外の方も多く集まる場所でもありますし、地元の人たちも含めて、さまざまな国の方ともっと交流していきたいと思っています。また、互いの文化の違いを受け入れながら、そこに深い学びと、喜びや価値を見出して、この地域の解決すべき課題も一緒に考えていけたらと考えています。」

「例えば、道しるべとなるサイン。もちろん地元の人や日本人にはわかりやすくても、海外の方にとってはわかりにくいことだってあり得ます。そう考えると、比較的海外の方との交流が進んでいると思われている青山という地域でも、まだまだ“できること”はたくさんあるはずです。」

地域を盛り上げながら、海外の方ともつながっていく。さらには、この青山という地域を海外に発信していく。どこか両極端にあることをめざしているようにも思える前田さんの想い。グローバルな視点を持ちながら、地域づくりを大切にするという考えの源泉について伺っていきます。




小学生時代にボーイスカウトをしていた前田さんにとって、地域に貢献することはとても自然なことでした。さらに、お父様が語学出版社に勤めていたこともあり、語学出版を通じての海外や様々な国の方とのおつきあいが日々あったそうです。子ども時代にどこまで意識していたかは別として、地域と海外というものがいつも身近にあり、いつしかそれは垣根がなくなり、人としての自然なつながりになっていったように見えます。

「地域でも、海外でも、結局、起点となるのは自分なんですよね。例えば、国と国との交流も、どこかの地域と地域のつながりがベースにあって、当然ですがその底辺には人と人との交流があるわけです。」

「そして、交流というと相手を知ることだと思われがちですが、自分を知ることでもあると思うのです。なぜなら、相手のことだけを一方的に知るだけでは交流とは言えませんし、自分のことも知ってもらわないといけないわけで、それには先ず自分自身を知らないといけない。自分が住んでいる場所のことも知らないといけない。もちろん、自分が生まれた国のことも。そう考えていくと、自分を構成するものが、家族、友人、学校・企業、街、地域、そして国へと広がって、それらすべてが海外と向き合う自分の要素であることに気がついて、それら全てを表現出来て初めて自己紹介が出来るのだと思うようになりました。」

青山を盛り上げるためにさまざまな取り組みを行っていますが、住まいも近く、ご自身のお子さん達が学ぶ場所でもあり、会社もある、この青山で、自分の最も身近な場所をもっと良くしたい、問題があるなら地域の方々や近隣の各国大使館などにも相談しながら解決したい、と思うのは前田さんにとってとても当たり前のことなのかもしれません。




10月に行われる「青山まつり」。前田さんはもちろん、OVEも“まち”の一員として関わっています。過去には、青森の巨大「たちねぷた」やファッションデザイナーのコシノジュンコさんのねぷたも登場させたことも。

「この話のはじまりは、ブラジルのサンバカーニバルに日本のたちねぷたを出場させたことがきっかけでした。日本と海外との文化交流のお手伝いだったのですが、このときに両国の橋渡しに貢献してくださったのがコシノジュンコさんなんです。ブラジルでのねぷた披露が大成功を収めて、その感謝の意味をこめて五所川原市の皆さんがコシノジュンコさんがいるこの青山の祭りに登場させてくれたのですが、関係者同士の交流は今でも続いていて、五所川原市のたちねぷた記念館にはジュンコねぷたが常設展示されています。」

「こうして考えると、海外も地域も、結局は人と人のつながりのユニットで構成されていて、それはすごく大切なことで、文化紹介だけでなく人と人のつながりを大きな要素と捉えて、それらすべてがつながるように支援していくことが私のやりたいことなんです。」

つながりという部分では、OVEとは自転車を通じたつながりもあります。青山という“まち”で自転車がライフスタイルとして根付くために、前田さんと一緒に考え、活動しています。
「私が中学生時代に訪れたドイツやオランダでは、自転車はすでにその“まち”の生活の一部でした。自転車に乗ることで、匂いや風を感じ、もちろんエコでもあります。この青山でも、イベントとしての自転車を盛り上げるだけでなく、もっと生活に寄り添った存在になれたらどんなに素晴らしいことだろうと思っています。」

自分の周りを見渡し、一歩外に出るとそこには無限のつながりと広がりがあります。いますごく大事にしている人やモノ。そこからつながる社会や世界に、私たちの未来があるのかもしれません。そしてその途中に、前田さんやOVEとの出会いがあったとしたら、それはすごく素敵なことなのかもしれません。


近影

まえだ・としひで
株式会社ブレインの代表取締役。「グローバルコミュニケーションサポート」を使命とし、さまざまなカタチで青山の地域活性化に取り組んでいる。

Photo:

  • 前へ
  • この人と逢いたい一覧へ
  • 次へ
ツール・ド・フランスへ メールマガジン登録・解除 pageTop