OVE

新しいをつなぐ老舗酒屋の4代目


鈴木さんがご家族と経営している青山小西商店は、OVEの目と鼻の先、南青山にあります。なにより、創業110数年という、老舗の酒屋さんなのです。これだけ聞くと、お酒のエリート!?ワインに詳しくて当たり前!?と思ってしまう方もいるかもしれませんが、意外なことに、鈴木さんは、ワインはおろか、家業とも無縁の青春時代を送っています。
その理由は、学生時代にはまったバンド活動。音楽漬けの学生生活にワインがつけいる隙はなかったようです。

「親も含めて、この店の後を継ぐことなんて、当時はまったく考えていませんでしたね。」
「将来はもちろん、音楽関係の道に進みたいと思っていました。」

バンド活動に熱中した高校時代。そして卒業後に選んだ進路は、音楽の専門学校でした。その頃、興味を持っていたのは、エレキギターを作るという職業。デザインをしたり、モノづくりをしたり、どんどん音楽の世界にはまっていきます。

「もともとは飽きっぽい性格だと思うんですけどね。でも、音楽と出会ってから性格が変わったというか、凝り性になったのかも(笑)。それでも、ひとつ変わらないものがあるとしたら、新しいものを発見していく、探していくというのが好きなのかもしれません。それはいまでも全く変わってないですね。」

専門学校を卒業しても、自分の将来に確信がもてない日々が続いていたそうです。「20歳を過ぎた頃から、実家の手伝いはしていましたが、それ以上でもそれ以下でもなかったです。南青山にありますが、うちは小さな商店ですし。オシャレなイメージとかも全く関係ありません。」

話が少し逸れますが、南青山といえばファッションなどの最先端の発信地。でも、ずっとここに住んでいる鈴木さんからすれば、周りが変わっていくだけという印象なのだそうです。
模索する若者。鈴木さんの青春時代は、南青山の変化からも取り残されるように、月日だけが過ぎていきました。

しかし、そろそろ…と自らの将来に本腰を入れなければいけない時期が近づいたときに、実家の関係もあり、中野坂上にある藤小西というお店に修行に出ます。これが鈴木さんの、本当の意味での転機になったのです。




中野坂上にある藤小西は、青山小西商店と同じ「小西」を屋号に持つ酒屋さん。ワインを中心に販売などを行っている有名店です。

「ワインのことを何も知らなかったので、まずはそこから勉強です。さすがにお客様に『知らないです』とは答えられないので、毎日必死でした。寝る間も惜しんで調べてましたね。」

その頃は苦しかったのではないかと伺うと、大変だけど楽しかったそうなんです。

ワイン特有の表現も鈴木さんを刺激したそうで、例えば、ワインを飲んで「丘が見える」とイメージする人がいれば、なぜそんなイメージが湧いてきたのか。塩味がするのはなぜか?それは産地の土壌がミネラルをたくさん含んでいるから。

「毎日が新しいこと、知らないことに出会えるんです。さらに、当時ではまだなかった立ち飲みワインというスタイルを始めたり、こんなこともできるのかと改めてワインの可能性を知りました。」

気づけば、音楽に変わる新しいモノとして、鈴木さんの中でワインの存在がどんどん大きくなっていきます。知識も増え、いろいろなモノを吸収するうちに、ある事実に気づかされます。

どんなに有名なワインも、高価なワインも、それを良いと判断するのは自分というフィルターを通したとき。いまある知識はたとえ誰かが創ったものであっても、それを一旦受け入れ、自分のフィルターを通して発信してくことが、オリジナリティであり、新しいことを生み出すということではないのか、ということでした。

OVEのイベントでもさまざまなテーマに合わせて、いつも驚きとアイデアを与えてくれる鈴木さん。常に自分と向き合いながら、自分の想像を超えていくことを求めているのかもしれません。




鈴木さんがセレクトし、OVE南青山のイベントなどで提供しているワインは、いつもお客様を魅了します。どこか懐かしかったり、感動があったり、料理との相性がぴったりだったり。人それぞれ感じ方が違うかもしれませんが、“新しい”というエッセンスがワインと一緒に味わえるからかもしれません。

「ワインは不思議な飲み物で、飲む人によっていろいろなストーリーが紡ぎ出されます。私はそれをお手伝いしながら、このワインに出会えて良かった!という機会を一人でも多くの方に届けていきたいと思ってるんです。」

音楽に熱中していた青年は、いつしかワインの虜になり、そしていま、自分だけの個性を武器に南青山でも知る人ぞ知る酒屋さんとしてこれからも新しい出会いを私たちに与えてくれることでしょう。まだまだ道半ば、という鈴木さんの今後に期待しながら、青山小西商店から提供されるワインとの出会いをOVE南青山のイベントでもお楽しみください。


近影

すずき・ようすけ
創業110年を越える青山小西商店の4代目。OVEイベントなどで振る舞われるワインを独自の感性で提供するなど、ここでしか見つけられないワインに出会えるお店として、都内のワイン好きの中でも有名に。初心者の方でも楽しめる飲み方も含めて、ワインはもちろん、ベルギービール他、さまざまなお酒の楽しみ方を提案している。

Photo:

  • 前へ
  • この人と逢いたい一覧へ
  • 次へ
ツール・ド・フランスへ メールマガジン登録・解除 pageTop