OVE

日々を綴るスタッフ日記

冬の雪国でも自転車を満喫!!長野県飯山市「ファットバイクで豪雪ツーリング」に参加してきました!


皆様はFAT BIKE(ファットバイク)という自転車をご存知ですか?東京でも乗っている方を拝見することがあるのですが、4インチ前後のものすごい太いタイヤを履いているマウンテンバイクなんです。もともとは極寒の地、ミネソタの氷結路や雪上、夏場はビーチを走れるような自転車を作りたい!ということで開発された自転車なんです。見た目に反して漕ぎは軽いし、何より体験したことのないホンワカとした乗り心地でゆっくりと自転車を楽しむことが出来るんです。



そんな自転車をいち早く導入し、豪雪地帯の冬も自転車で楽しんでもらおうと動いたのが長野県飯山市。北陸新幹線が止まることになり、駅も一新!駅の1階にあるアクティビティーセンターには電動アシスト自転車からファットバイクまで数種類もの自転車はもちろん、長靴、スノーシュー、レインウエアー、寝袋、テントなどなど、様々なアウトドアグッズのレンタル品が用意がされています。



ここでは「手ぶらノープラン」で出かけても自然相手に「楽しむ」、「遊ぶ」をしっかりとサポートしてくれます。もちろん機材のレンタルだけでなくツアーも充実。トレッキング、フィッシング、カヌーにラフティング、パラグライダーなどなど、飯山を含む9市町村「信州自然郷」のありとあらゆる遊びを楽しんでいただける準備が整っているのです。



そんな中、今回わたくしOVE散走担当松田が体験してきたのは「ファットバイクで豪雪ツーリング」という東京では絶対に体験できないツアー。2月最後の週末、雪国での自転車遊びを体験することで、またまた自転車の楽しみ方を増やして参りました。東京からこちらに移住してきたというガイドのサトルさんを先頭に、長野市からいらした女性と共に雪にまみれて遊んでまいりました。


レンタルのヘルメットとファットバイクを借りていざ出発!
まずは駅前にある雪広場のようなところで雪の上を走る練習をしました。残念ながらこの日は気温が上がり、雪の状態があまりよくありませんでした。ファットバイクといえど「べた雪の平地」ではなかなか前に漕ぐことが出来ません・・・しかし楽しむことを諦めるわけにはいきません。こんな時、楽しいのはそう・・・下り坂!!転んでも痛くなさそうだねと言いながら二人で小さな坂を押して上り、シャーっと下ってみると、童心に帰ったかの如く「ワーッ」と声が溢れでました。楽しーい!
いままでの自転車では味わったことのない感覚。ガイドのサトルさんには「いきなり坂に挑戦ですか!」と驚かれてしまいました(笑)



しかし、ここではしゃいでばかりはいられません。早速ツアーへ出発です。車道へ出てみると、雪深い地域では除雪がしっかりされており、車道は東京と同じくらい普通に自転車で走ることが出来ました。そんなところをファットバイクに乗るとどうなるか?タイヤに空気がたくさん入っているのでものすごくクッション性が良く、ふんわりソフトな心地よさ。決して走りが重たいというわけではなくゆったりと走りたくなるという感覚。雪だろうが何だろうが何も心配することなく「雪?いいよべつに」といった感じです。




せっかくなので雪の上を走りましょう!ということで千曲川の河川敷へ。条件がそろえば「凍み渡り(しみわたり)」というオーロラよりも珍しい(笑)と言われる現象の中を走ることが出来るそうです。凍み渡りとは緩みはじめていた積雪の表面が夜間の放射冷却で凍って、雪原の上を普通に自転車で走りまわることが出来るという一年の内でも数日出会えるかどうかという貴重な現象とのこと。この日も早朝、凍み渡りが出来ていたという情報を聞きつけ訪れてみましたが、残念ながら間に合いませんでした。凍み渡りの上を走る感覚は何とも言えない不思議な感覚だそうで、雪国の人でも興奮するそうです。気象条件に左右されるので本当に染み渡りに出会うことが出来た人はラッキーとのこと。



雪道を抜け今度は飯山の街を散策します。都会では自転車スタンドが無くて立ち寄りも困ってしまいますが、雪国では、雪にハンドルバーを差すだけでスタンドになります。雪も使いようですね。便利!!




途中立ち寄った飯山城址跡。ここの石垣の積み方は特徴的で一つの石を中心にして周りを見ると花の形になっているそうです。どうでしょう?見えましたか??





飯山と言えば伝統工芸品にもなっている仏壇が有名。「雁木(がんぎ)」と呼ばれる雪よけアーケードが特徴で、全国でも珍しい「仏壇通り」と呼ばれる通りには今でも十数軒もの仏壇・仏具店が軒を連ねています。そこを自転車で走っていると目に飛び込んできたのが「金箔トイレ」という張り紙。残念ながら冬は閉鎖されているようなのですが、飯山仏壇の特徴でもある「金箔」がトイレにも・・・気になって仕方がありませんでした。また、児童公園では東京では目にすることのない光景が。冬季ブランコなどは上の方に括り付けられ、雪解けの際に重みで曲げられないように遊具には添え木がしてありました。こんな風景も雪国ならではだと思いました。



最後は飯山駅近くにある文化交流館で今回初開催となる「いいやま逸品市」へ寄り道。飯山の美味しいもの、手作りアート、お蕎麦、コーヒーなどなどが会場にぎっしり!あれもこれも食べてみたくなるこのばかりで沢山の買い物をして帰りました。ここでしか味わえないものは食べるべき!!もぎたてリンゴやそばが無料で配られるという太っ腹な一面も。なんという贅沢!



雪で遊んで美味しい物をゲットして飯山の魅力を堪能できたあっという間の3時間。飯山は山の幸、ひと山超えれば新潟からの海の幸、海あり、山あり、川あり、雪あり、温泉あり!!遊びも食も資源に満ち溢れた場所でした。
冬の間、日にち限定ですが戸狩温泉スキー場のナイターゲレンデを貸切りファットバイクでダウンヒルを楽しむ「雪チャリナイター」が開催されています。大人気のこのイベント。私も一回参加してみたい!本年度は終了してしまいましたが、また来シーズンお出かけしてみてはいかがですか?
自転車といっても遊び方は様々。皆さんも色々な自転車の楽しみ方体験してみてください!きっと自転車の価値観が変わりますよ!私はそれで人生が変わりましたけど・・・(笑)
OVE散走担当 松田

【第一弾】サイクリング・フォー・チャリティ応援プロジェクト

日本で最も美しい村散走<愛媛県上島町>
「しまなみキャンプライド」告知アップしました!
【エントリー開始:2018年6月1日(金)昼12:00~】



応援プロジェクトは、「サイクリング・フォー・チャリティ」の企画主意に賛同した、NPO法人「日本で最も美しい村」連合と、OVEが連携し、世界・日本全国から来訪する方に、日本の美しい村を自転車で巡る「散走」をご紹介し、美しい村の魅力と、各地域の歴史や伝統文化、自然や食を味わっていただくような企画です。

【第一弾】は、しまなみ海道でご活躍されている、NPO法人シクロツーリズムしまなみ(愛媛県今治市)のご協力をいただき、最も美しい村連合の加盟町村「愛媛県上島町」を巡る散走「しまなみキャンプライド」として実施いただけることになりました!お問合せ・お申込みはこちらのウェブサイトをご参照ください♪

※散走参加費の一部は「日本で最も美しい村散走」に参画する各地域の(或いは、ご縁のある)児童養護施設に寄付し、支援を必要としている子供達を応援する活動に支援します。



NPO法人「日本で最も美しい村」連合(商標登録済)( 通称、美しい村連合)は、2005年に7つの町村からスタートし、平成の大合併の時期で市町村合併が促進される中、小さくても素晴らしい地域資源や美しい景観を持つ村の存続が難しくなってきた時期に、フランスの素朴な美しい村を厳選し紹介する「フランスの最も美しい村」運動に範をとり、失ったら二度と取り戻せない日本の農山漁村の景観・文化を守りつつ、最も美しい村としての自立を目指す運動をはじめました。

■ライフクリエーションスペースOVEは、(株)シマノが2006年から自転車文化向上を目指して運営するコンセプトストアです。カフェやセレクト、様々な文化が交差するイベント、「散走」という愉しみ方のご提案を通じて、自転車のある新しいライフスタイルをご提案する情報発信基地です。OVEコンセプトに共感いただく地域では「散走」が実践されるようになり全国で「散走」ネットワークが広がっています。



サイクリング・フォー・チャリティ」とは

【目的】
「サイクリングを通して子供の教育格差の認知度を上げ、支援を必要としている子供達を応援する活動」として、日本オラクル(株)社員の高橋陽介さんが発起人となって、毎年チャレンジングな目標を掲げて実践。2017年度は、多くの参加者とサポーターの協力で、東京から稚内経由で女満別をゴールとし、2551キロをサイクリングをし、5,115,617円を寄付する事が出来ました。

【2018年度目標】
自分自身への挑戦目標として、昨年より規模を拡大し、100名(予定)にプロジェクトに参加いただき、海外からも日本に来訪いただき、日本の魅力を伝え、社会貢献したいという目標を掲げています。

3月20日キックオフの様子はこちらをご覧ください!

“ 私の散走 ” をご紹介します ~ 第5回 河岡定子さん


自転車に乗って散歩するように気ままに巡る「散走」。それは、いつでも誰でも気軽に出来る自転車とのつきあいかた。その楽しみ方は三者三様。百人いれば百人の散走がある。だから散走を知れば、その人のことがわかる。そんな「私の散走」を散走コンシェルジュの 中村規 が取材・撮影し、ご紹介します。

今回 取材させていただいたのは “ よもそろガールズ向島 ” 前会長 河岡定子さん。風光明媚な瀬戸内の島々を自転車で巡ることが出来るサイクリングエリアとして知られているこの地で、2014年から女性限定のサイクリングイベントを主催している女性達がいます。サイクリングにほとんど関心のなかった彼女達が、試行錯誤の中でサイクリングイベントを主催するに至った経緯をお伺いしました。ぜひご覧ください!

→“ 私の散走 ”#005 河岡 定子さん

初心者でも安心!しまなみ海道【女性限定】散走ツアーのご紹介

サイクリストでなくとも「一度は自転車で走りに行ってみたい!」と注目の自転車旅スポット「瀬戸内しまなみ海道」。しまなみ周辺エリアを1泊2日で満喫する女性限定ガイドツアー「シクロ女子旅2018春」が開催されます。
【開催日】2018年 4月14日 (土) ・ 4月15日 (日)



自転車を始めたばかり、これから始めてみたいという女性が集まって「無理のない距離」「普段着でOK」「ひとりでも気軽に参加」な "初心者でも安心の女子会ツアー" 。自転車で訪れるのが一番いい季節に、瀬戸内の島々を巡ってみてはいかがでしょうか?

★お申込みはこちらを参照ください!

両国駅から房総方面へ。愛車と一緒に旅をする夢の列車【B.B.BASE】に乗ってきました!


自転車を電車に載せて遠くへ出かけてみたいけれど、袋に入れて輪行(自転車の車輪などを外してコンパクトにして専用の袋に入れて乗り物に乗る)はハードルが高いし・・・そのまま電車に積み込めれば便利で楽しいのに・・・と思っていた方は多いはず。しかし!!そんなことができる夢のような自転車専用列車がついに、ついに、両国駅から房総方面へ向けて走り出すことが決まりました!
来年からの運行開始に先立ち、12/5に開催されたモニターツアーに散走スタッフ松田が参加して参りましたので皆様にご紹介させていただきます。



JR東日本が2018/1/6(土)より運行を開始するB.B.BASE(ビー・ビー・ベース BOSO BICYCLE BASE)は、煩わしい自転車のばらし、組立の必要なし、混雑時間帯の電車に乗らないように気を使い、人の目を気にしながら電車に乗る心配もなし、【乗れる状態そのままの自転車を積み込んで移動できる】専用列車なんです。様々な心配から解放され、心も体もゆったりと、そして堂々と自転車と共に旅をすることが出来る、サイクリストにとっては夢のような列車なんです。


両国駅に着くと案内されたのは一般の乗客とは全く別の入り口です。ホームに上がるための専用スロープがあるので自転車を持って階段を登ったり下りたりすることもなくとてもスムーズ。ホームも専用ホームなのでB.B.BASEに自転車と共に乗車するお客様しかいないため一般の乗客の邪魔になることもありません。



流行りの「インスタ映え」ポイントもあります(笑)
皆さん順番で写真を撮りながら電車の到着を待ちます。



電車が到着したら自転車と共に乗車し、専用のラックに自転車を載せます。両国駅まで輪行して自転車を持ってきた場合は袋に入ったまま乗せるのではなく、組み立てた状態でこの専用スタンドに載せて固定し乗車します。


自転車の乗せ方も簡単。収納されている前輪掛けを引き出して、そこにヒョイと自転車を軽く持ち上げ、前輪を載せてかけるだけ。浮いた後輪を溝にはめ、後は専用のベルクロでフレーム(ダウンチューブ)を1か所止めて完了。あっという間に着席です。いままでの輪行の苦労は何だったんだ・・・と経験されたことのある方は思われることでしょう。



座席と自転車の位置関係はこのような感じです。これなら盗難の心配もなく安心!
向かい合って座る2人掛けと4人掛けの席がありました。ログを付けたり地図を見たりと何かと携帯の充電が気になるところですが、そこもバッチリ!テーブル脇にしっかり充電用コンセントも完備されております。



社外も車内もとてもクール。車内の配列の美しさも目を惹くものがあります。空間にも余裕があり、心身ともにゆったり旅に向かうことが出来ます。床はビンディングシューズで歩いても大丈夫なように配慮されています。カチカチいわせながら床に傷をつけてしまう心配もなく歩くことができます。



B.B.BASEに乗せることができる自転車は、この専用ラックに載せられる自転車のみ。条件を確認してからお申し込みください。この写真には乗っていませんが、泥よけがついている自転車やブロックタイヤのマウンテンバイクなどは載せることが出来ません。詳しくはB.B.BASEのHPなどでご確認ください。



B.B.BASEは6両編成で座席数は99席。トイレや洗面台はもちろんのこと、映像を見たり、他のお客様と交流を深めたりできるフリースペース車両が1両あります。





両国駅から館山までは2時間半ほどで到着。こちらのホームでも専用降車口が設けられており、自転車をちょっと持ち上げて2段ほどの段差を降りるだけで外へ出ることが出来ます。自転車を組み立てたりする必要もありませんのですぐに走り出すことが出来ます。

運転開始は2018/1/6(土)から!東京では味わうことが出来ない、色、景色、空気、味・・・ぐっと身近になった房総へ是非B.B.BASEに乗って散走をしに行ってみてください!

B.B.BASEは全席びゅーの旅行商品販売となります。(席だけを購入することは出来ませんのでみどりの窓口などでは購入できません。)

詳しくはB.B.BASEホームページをご覧ください。



このB.B.BASEが成功事例となり、全国各地でこういった列車が増えていくといいなと思います。

メールマガジン登録・解除 pageTop