OVE

日々を綴るスタッフ日記

Bicycle Ride 2017 In TOKYO に参加して参りました!


今回で15回目となる「メイク・ア・ウィッシュ チャリティー バイシクルライド2017イン東京」に参加してきました!「メイク・ア・ウィッシュ」とは難病の子供たちの夢をかなえることを目的とした国際的なボランティア団体のことで、このバイシクルライドの参加費の50%はこちらの団体に寄付されます。この日は夏日と言っても過言ではないほどの陽気に恵まれ、今年初めての半袖姿で参加して参りました!



集合場所は日比谷公園。桜は終わってしまいましたが、綺麗に植えられた色とりどりのチューリップが満開に咲き、気分を盛り上げてくれました。自分の自転車でも参加できますし、お持ちでない方は電動のシェアバイクを借りて走ることも出来ます。コースは坂も少なく、途中で棄権しても寄り道しても良い参加者にとても優しいイベントなので、自転車のイベントに初めて参加される方でも心配なくご参加頂けるお勧めのイベントです!コース上には沢山のスタッフの方が立っていて道を案内してくれますので迷子になることもありません。「頑張ってください!」と声をかけてくれるので元気をもらうことも出来ます。



参加者の目印はバイシクルライドサコッシュです。これを見えるように身に着けて走ります。この日のコースは日比谷公園→銀座→築地→豊洲→有明→月島→越中島→人形町→日本橋→大手町→皇居一周→日比谷公園という話題満載な約30キロのコース。





勝どき橋、晴海大橋、相生橋、清洲橋・・・この日は1日に沢山の橋を渡りました。キラキラと光る水辺や川の向こうに遠く広がる景色、カヌーを漕ぐ人、観光船に乗る人・・・暑い日差しに涼しい風が吹き抜け、深呼吸したくなる爽快さでした。




晴海大橋を渡った先は広めの自転車通行帯が整備され、道路は交通量も少なくゆったりしており、自転車で走るにはとても快適で気持ちの良い場所でした。色々と話題のつきない豊洲市場も立派に通りの両側に建っておりました。色々な施設が今か今かと稼働を待っているように見えました。





ソメイヨシノのそのあとは八重桜が満開を迎えていました。ピチピチと透き通った新緑の葉も力強く青い空に映えわたり、春の訪れをしっかりと感じることが出来ました。コースの途中、浜町でマルシェを発見!休憩がてら立ち寄りました。こんなことが出来るのもこの大会のいいところ。素敵なものを発見したら立ち寄るだけの時間の余裕があるのでコースの途中も楽しむことが出来ます。




この大会の楽しみのひとつでもある大手町のスターバックスエイドステーションでは沢山のスターバックススタッフが出迎えてくれます。バナナやコーヒー、ジュースにクッキーと盛りだくさんのご褒美が頂けます!



最後は日曜限定、皇居前、祝田橋ー平川門往復約3kmを車をとめて自転車だけが走れるようになるサイクリングコース「パレスサイクリング」を悠々と走りぬけ、皇居を一周して日比谷公園でゴール!13:30からの閉会式では素敵な商品があたる抽選会も行われ、最後までワクワクすることが出来ます。知っているようで知らない東京を楽しみながらも誰かのために役に立てる「バイシクルライド」。来年もきっと開催されることでしょう。是非皆さんも参加してみてください!沢山の方々に応援されながら自転車で走るという経験もなかなかできないと思いますよ!

メールマガジン登録・解除 pageTop