OVE

日々を綴るスタッフ日記

ティーバッグのように手軽、ポットで淹れるくらい美味しい 新アイテム “ GROWER'S CUP ”

ティーバッグのように手軽、ポットで淹れるくらい美味しいハーブティーと珈琲のシリーズが入荷しました。散走に出かけるときにおすすめのアイテムです。



.
TEA BREWERの原料は、ハーブ・茶葉は素材まるごと、ドライフルーツはスナックとしてこのまま食べられるほどの大きさを保っています。

◆ TASTY BERRY
鮮やかな赤が映える甘酸っぱく豊かなベリー風味のフレーバーティーです。
[ 有機グレープ、有機ハイビスカス、有機エルダーベリー、有機ブルーベリー ]

◆ COOL MINT
清涼感あふれるスッキリとした味わいのミントフレーバーティーです。
[ 有機ペパーミント、有機レモングラス、有機フェンネルスイート、有機ジンジャー、有機オレンジピール、有機シナモン、有機リコリス、有機ライム片、有機クローブ、有機コショウボク、有機コーンフラワーペタルズ ]

◆ SPICY TURMERIC
ターメリックやジンジャーなどのスパイスとフルーティーなアップルの温かい甘みが広がるフレーバーティーです。
[ 有機リンゴ片、有機ジンジャー、有機グレープ、有機ローズヒップ、有機シナモン、有機ターメリックパウダー、有機クローブ、有機カルダモンフルーツ、有機ペッパー、有機サンフラワー ]



.
COFFEE BREWERは、コーヒー愛好家が、好きな時に好きな場所で自由に楽しめるようにと作られました。自宅でも、旅行先でも、仕事中でも、アウトドアでも、おいしいコーヒーが味わえます。沸騰したお湯をゆっくりと回し注いで、そのまま待っていると、コーヒーの粉がふくらみ、泡が立ってきます。そして2分から6分で、フレンチプレスでいれたようなリッチでコクのあるコーヒーが抽出されます。

◆ ETHIOPIA
ベルガモットのような柑橘系の爽やかな甘みと酸味、そして濃厚なストレートティーのような程よい苦みが調和したクリーミーなコーヒーです。
◆ COLOMBIA
柑橘類の生き生きとした香りと、アーモンドのような風味、ザクロやサクランボのような甘味のコーヒーです。

--
THE BREWER/¥486 (税込)
COFFEE BREWER/¥324 (税込)

散走バー・フランス ver.


“ 旅するツール・ド・フランス ” 期間限定の散走バー・フランス ver. です。
溶かしたマシュマロにチョコライスパフ、たっぷりのナッツやドライフルーツを加えてかためたエナジーバー。フランスをイメージした、オレンジやヘーゼルナッツを合わせ、アニスやパセリの個性的な風味が香ります。

少数のため店頭で見かけたときはチャンス!ぜひお早目にお求めくださいね。制作はOVEのキッチンスタッフで、クリエイターの遠藤順子です。



<散走バーとは?>
自転車に乗って散歩するように気ままに巡る「散走」。それはいつでも誰でも気軽に出来る自転車とのつきあいかた。シリアルやライスパフに、たっぷりのナッツやドライフーツを加え、溶かしたマシュマロを混ぜ込んでかためたエナジーバーを作りました。腹持ちもよく、気軽に携帯できるので、散走のお供にぴったりです。
→ コトのあるモノ/ポケットにひとつ、元気の源

◇ 散走バー・フランス ver. /マシュマロ,ライスパフ,無塩バター,くるみ,ヘーゼルナッツ,オレンジ,クランベリー,アーモンドプラリネ,柚子寒天ゼリー,カスタードパウダー,ピスタチオ,アニスシード,パセリ

--
SANSO BAR/¥500

SANSO BAR - 皐月 ver.

今年も、オランダ ~ ベルギー・フランダース フェア期間限定で、オランダでよく使われる食材やスパイスを使った “ SANSO BAR=散走バー ” をご用意しました。制作はOVEのキッチンスタッフで、クリエイターの遠藤順子です。



5月、自転車で出かけるのに気持ちの良い季節がやってきました。ゴールデンウィーク中の5月5日には、いちょう並木奥にある聖徳記念絵画館前通りにて開催される “ サイクル ドリームフェスタ 2018 ” や、自転車で青山の店舗を巡ると特典がある “ 2018 【SPRING】バイシクルタウン青山 ~ 自転車スタンプラリー ” が予定されています。

自転車で出かけるときにおすすめしたいのがこちらの “ SANSO BAR=散走バー ” 。梅月という異称もある5月、梅の木にも実がつきはじめ、初夏には梅干や梅酒など梅を使う手仕事の時期がやってきます。そこで今回は自家製の梅ジャムを使い、爽やかな酸味を感じることができる散走バーをお作りしました。少数のため店頭で見かけたときはチャンス!ぜひお早目にお求めくださいね。制作はOVEのキッチンスタッフで、クリエイターの遠藤順子です。



<散走バーとは?>
自転車に乗って散歩するように気ままに巡る「散走」。それはいつでも誰でも気軽に出来る自転車とのつきあいかた。シリアルやライスパフに、たっぷりのナッツやドライフーツを加え、溶かしたマシュマロを混ぜ込んでかためたエナジーバーを作りました。腹持ちもよく、気軽に携帯できるので、散走のお供にぴったりです。
→ コトのあるモノ/ポケットにひとつ、元気の源

◇ 皐月 ver./マシュマロ,ライスパフ,無塩バター,アプリコット,アーモンド,クランベリー,レーズン,しぼり豆,ひまわりの種,オートミール,梅ジャム,フェンネルシード,梅しそパウダー

--
※SANSO BAR/¥500

“ 季節のてぬぐい ” 入荷しました


その季節の行事や、花のデザインをセレクトし、時期にあわせて様々な手ぬぐいをご紹介します。手をぬぐうだけでなく、お部屋のインテリアやテーブルの飾り、お祝いや季節のご挨拶など、贈り物にいかがでしょうか。端午の節句、母の日などきっかけに大切な方へ。この絵柄を見たとき、貴方は誰の顔を思い浮かべますか?




<こどもの日>
暖かみがありながらも力強く羽ばたくこいのぼりは、木版画のようなデザインです。それぞれのうろこには子供の成長を願うめでたい文様があしらわれています。真鯉は網目模様で「福をすくい取る」、緋鯉の矢羽根は「的を射る」ことから縁起が良いとされ、子供の鯉は、七宝の「子孫繁栄」、麻の葉を「すくすく育つように」との思いを込めています。インテリアにはもちろんのこと出産祝いなどお子様のおめでたい贈り物にもおすすめです。
(Size:約37×90cm 素材:綿100%)/¥1728

<端午の節句>
無病息災を願い、古く昔から飾られていた「五月人形」をモチーフに、甲冑部分にぼかし染めを施した注染ならではの手ぬぐいです。お部屋に飾って季節を楽しむことができる一枚です。
(Size:約37×90cm 素材:綿100%)/¥1728

<あじさい>
イギリスで開催された展示会出展の際に製作された、日本の四季表現した「 夏 あじさい 」。あえて色分けせず染料を注ぎ、流れるままに染まった、あいまいな色。染め手である職人 中尾利春さんの感性で染められた、色のグラデーションが美しい一枚です。
(Size:約37×90cm 素材:綿100%)/¥1728



<手ぬぐい tenugui bouquet アジサイ>
アジサイのブーケを贈りませんか? 余白が美しいデザインは、インテリアとして最適です。にじゆらの手ぬぐいブーケが生まれたきっかけは、大切な人への贈り物にありました。生花を贈れなかったり、鮮度の保てない環境でも喜んでもらえるお花があれば・・・。そんな想いから、鮮やかに染めた手ぬぐいを折り紙のように折り、小さな花束をつくったのです。そのまま飾ったり、使っていただける手ぬぐいのお花。小さなカードに書いたメッセージとともに、広げると更なる幸せが届くはずです。
(Size:約37×90cm 素材:綿100%)/¥1944 
※メッセージカード特製パッケージつき



<野ばら 青> 作家:Day Starter
爽やかでいきいきとした、野に咲くばらがモチーフです。テキスタイルとして、普段使いから、テーブルランナーやインテリアとしても楽しんでいただけます。バラは、5 - 6月、10 - 11月に見頃を迎えます。今回は、白地にブルーの配色が爽やかなカラーをセレクトしました。
(Size:約37×90cm 素材:綿100%)/¥1728



--
【コトのあるモノ】
堺のまちから、もういちど 注染手ぬぐい にじゆら

“ ハーバリウム ” 入荷しました


花を愛でるひと時を。
なくても困らない、でもちょっぴり 暮らしが豊かになるアイテム、飾ってみませんか。日々忙しいなかに、ふと 気持ちの余裕が持てるはず。

Floral Mioko の ハーバリウムが入荷しました。透明度の高いオイルを選び、紫陽花をベースとしたエレガントなアレンジメントです。ハーバリウムとは植物標本のこと。水やりや日当りなどを気にせず、光が当たってキラキラ輝く綺麗な花やグリーンを気軽に楽しむことができます。照明でライトアップされたハーバリウムは幻想的。 寝室や化粧室など照明を活かした場所に飾るのも素敵かもしれません。

オイルの中に植物を閉じ込めるので、お手入れ不要なため、よく花を枯らしてしまう、仕事や旅行で不在にすることが多い、フラワーアレンジや水やりが大変、という方でも安心です。花束代わりの贈り物にもおススメです。



Floral Mioko ハーバリウム(化粧箱つき)/¥2808(税込)
--
【この人と逢いたい】
マイ・スタイルを確立したフラワーデザイナー 森美桜子さん

[1] [2] [3] [4] ...5 次の5件 »

メールマガジン登録・解除 pageTop