OVE

日々を綴るスタッフ日記

アカミネサイクル展 ~生活の中に自転車を~

窓際や壁に小さな自転車のオブジェ。食卓には自転車の器。実際に乗る事はできないけど、そこに自転車があるとちょっと嬉しい。そんな空間をご提案します。

サイクリストに人気の自転車レースイベント“ツール・ド・おきなわ”のトロフィーになった優勝選手サイン入りの作品モデルも登場。その他、カップやプレート、オブジェなど、赤嶺学氏作のやきもの約300点を展示販売いたします。

展示作品の様子はこちらへ




<赤嶺 学(あかみね まなぶ)氏/プロフィール>
沖縄に生まれ、現在も沖縄の地で作陶を続けている。サイクリストでもある彼は自転車をモチーフにしたオブジェを多数制作。小学生のころ、新聞配達で貯めたお金で初めて買ったものは自転車でした。中学に進むと自転車競技を体験。沖縄県立芸術大学に進学し、陶芸作家として独立。
その後も自転車への情熱は失われず、気がつけば、粘土で自転車の作品を作りだしたことが「アカミネサイクル」のシリーズが生まれたきっかけでした。その柔らかで有機的な生き物のようにも見える自転車作品には注目が集まり、多くのファンを魅了しています。また、アカミネサイクル製の全ての「製品」には固体が識別できる生産ロットナンバーが割り当てられるなど、工業製品に対するオマージュが込められています。


開催日/2016年10月6日(木)~10月10日(月・祝日)10:00-19:00
会場/OVE南青山
・10日6日(木)18:30-19:30 トークセッション “ 自転車のある空間 ”
・10月8日(土)15:00 CLOSE


会期中OVEのカフェでも赤嶺氏のカップやプレートをお出しします。作品を手にとり “ アカミネサイクル ” の世界をごゆっくりお楽しみください。
展示作品の様子はこちらへ

OVE南青山OVE中之島 ツール・ド・フランスへ メールマガジン登録・解除 pageTop