OVE

日々を綴るスタッフ日記

“ 秋冬の薬膳 ” 10月10日よりスタートします!

【秋冬の薬膳】 蓮根ときのこの焼きビーフン /1500円
味噌汁 ・ 小鉢1品 ・ 杏仁豆腐 ・ コーヒー又はハーブティーつき



秋は、夏の暑さで汗をかき、開いた毛穴を少しずつ引き締めて乾かしていきます。いきなり引き締めると熱がこもるため、徐々に徐々に。まずは、開いている毛穴を熱を出しながら徐々につぼめていきます。この役割りを果たすのは肺。肺は、全身の"気"の働きを調整し、呼吸や水分の代謝をコントロールします。体の中に籠っている熱を循環させて、余分な熱を外に逃がします。つぼめたら、今度は中へ中へ。

秋冬には、冬の養生に向けてエネルギーを溜めこむことができるように気を下におろし体の中に蓄えていきます。晩秋には葉っぱが下に落ちて、冬になると土の肥やしになり養分になっていくイメージです。

蓮根は、肺を潤すことはもちろん、胃の不快感を解消し、体内の熱を逃してくれる優れた食材です。体をじわじわと温めることができるように、刺激が強すぎないスパイスの八角やコリアンダー白コショウなどを調合し蓮根ときのこを炒め、焼きビーフンにしてお出しします。

2018年10月10日から12月末日まで

メールマガジン登録・解除 pageTop