OVE

グッズ画像

ひとときに、余白を

OVEカフェでは、さまざまな作り手の器を使用しています。なかでも、ランチメニューのご飯とコーヒーは、花岡さんの器でお出ししています。それは、土鍋で炊いたほかほかのごはんや淹れたてのコーヒーをじっくりと味わっていただくことはもちろんのこと、器の持つ“ぬくもり”と一緒に時間を過ごしてほしいという想いもあるのです。



まるでそこで呼吸しているかのような存在感を持つ花岡さんの器には、単なるデザインを超えた個性と優しさが宿っているように感じられます。器に触れたときに手の平に残る優しい感触、コーヒーを飲むときの柔らかな口当たり、ふと眺めているときの包容感…そんな器と過ごす時間は、いつしか自分自身と向き合う時間へと導かれていきます。そして、雑音のような余計な感情が削ぎ落とされ、答えくれるはずもない器から自分の本音が聞こえてくるような気がするから不思議です。



自分の内面と向き合うことは、案外難しいものです。OVEでじっくりと考えごとをしながら過ごすうちに、自分でも気づかない心の内が伝わり、器の持つやさしさに包まれる。少し大袈裟かもしれませんが、ぬくもりが感じられる器で食事をすることで、なんだか上手くいかない…といった気持ちも、不思議とほぐれていくかもしれません。OVEカフェに訪れる理由はみなさんそれぞれですが、ぬくもりあるモノが集った空間で、ランチタイムを過ごしたい、そんなきっかけがあっても、ちょっと面白いかもしれませんね。

スタッフからひと言

スタッフ

N

何を食べるか、誰と食べるか、どこで食べるか、食事の楽しみは人それぞれだと思います。そこへ「どんな器で食べるか」も加えてみませんか。ご飯茶碗や、マグカップをしっかりと両手で包み込んでみてください。器の持つぬくもりで、OVEカフェでの食事がもっと楽しくなりますように!

ツール・ド・フランスへ メールマガジン登録・解除 pageTop