OVE

グッズ画像
お取り置きできます 南青山店でお取り置きする

竹を使い、社会を想う。

皆さんは「放置竹林」の問題についてご存知でしょうか。竹は成長が早く、しっかり管理をしないと、本来あるべき生物の生態系を壊し、生物多様性を損ねてしまうと言われています。
それでは、竹林は自然界にとって害になる存在なのでしょうか…。もともと竹は、食料としてのタケノコや竹籠、竹垣など日本人の生活の中で大きな役割を果たしてきました。しかし、私たちの生活スタイルが変わったために竹が使われなくなり、こうした放置竹林の問題を引き起こしてしまったのです。



こうした問題の唯一の解決策が持続的にたくさんの竹を使うことなのです。そこで誕生したのが、日本の竹100%を素材とした「竹紙」です。
OVEではこの「竹紙」の考えや活動に共感し、ノートや封筒など多くの竹紙製品を取り扱っています。もちろん、竹紙の持つ、しなやかで独特のやさしい風合いも魅力のひとつ。ぜひ直接、手にとって、触れてみてください。あなたが感じた想いは、きっと課題解決のヒントにつながっていきます。



ヒトは、広々とした空が眺めたい、緑がうつくしい、都会から離れ癒されたい、などの理由で、アウトドアやサイクリングなどを楽しむことがあります。もちろん、悪いことではありません。しかし、私たちが求める自然の中には、放置竹林のような問題や社会的課題があるというのもひとつの側面です。
日常の中で「竹紙」を使うという行為が、自然と共に暮らし、未来へとつながっている…ということを意識するきっかけになれば、社会は少しずつ変わっていくのではないでしょうか。

スタッフからひと言

スタッフ

N

アウトドアスポーツや自然を楽しむためにも、こうした環境を保護する取組みに注目して自分にできることを一つずつ取り入れていきたいと思います。たとえば普段使うノートを変えてみたり。小さな一歩がきっと自然にやさしい大きな変化につながるのだと信じて!

ツール・ド・フランスへ メールマガジン登録・解除 pageTop