OVE

グッズ画像
出版:家の光協会

『有元葉子のご飯料理/有元葉子』

「ごはん(ご飯)といえば、炊いたお米のこと。食事そのものを主食で言い表す国は、知る限りではわたしたちの国、日本だけのようだ。」という一文が表すように、「ごはん」は、私たち日本人とってのソウルフードです。

それなのに、今日は何を食べよう?と献立を考えるとき、焼き魚や煮物などおかずに意識が向いてしまうことがよくあります。そう、ご飯はソウルフードであるため、当たり前になり過ぎていて、当たり前だからこそ楽しむという感覚を忘れているのかもしれません。

今回ご紹介する一冊では、梅干しや焼き魚など改めてご飯のお供として納得感のあるベーシックなものから、「つくねご飯」や「ごぼうとじゃこのご飯」など、すぐにでも試したくなるものまで、さまざまなレシピが紹介されています。さらに、ご飯を楽しむなら道具や炊き方にまでこだわりたい、といった基礎の基礎まで教えてくれます。

ごはんという当たり前になっていることを見つめ直すことで、改めて「ご飯のお供」という工夫やアイデアが生まれてくる。そう考えると、いつもの「ごはん」にも、奥深い魅力を感じませんか。もしかしたら、私たちの周りにもまだまだ「楽しむことができる当たり前」が隠れているかもしれませんね。

スタッフからひと言

スタッフ

N

有元葉子さんの豊富なご飯アレンジは、とても見応えがあります。普段の食事で手軽に取り入れたいものから豪華なご馳走ご飯まで、さっそく今日まねしたくなるレシピが満載です。

  • 前へ
  • ページの冒険一覧へ
  • 次へ
ツール・ド・フランスへ メールマガジン登録・解除 pageTop