OVE

グッズ画像
出版:(発行所)株式会社140B

『堺を歩けば。』 「堺を歩けば。」制作委員会/編

大阪・堺は、数百年もの歴史の中で鍛冶技術を伝え続けてきた、ものづくりの街です。職人と聞いて、なんとなく頑固で気難しいイメージを抱く方も多いのではないでしょうか。今回はそんなイメージを覆す、人情の街・堺の魅力に迫ります。

今回ご紹介する本では、堺の街を4つのエリアに区切り、歴史上の人物ゆかりのスポットや歴史的建造物、さらには隠れた名店まで、新旧さまざまな文化が入り交じる堺の街を紹介しています。堺を良く知る取材陣ならではの視点で描かれていて、堺に馴染みのある方にも発見がある一冊になっています。そしてなにより目を引くのが、街の方々の気さくな笑顔です。

料理の説明から自分の人生まで楽しく語ってくれるおでん屋の店主や、若い世代との交流を大切にしている創業200年の和菓子店六代目など、友人に見せるような気さくな彼らの笑顔が、この街全体に流れるあたたかな空気を物語っています。腕がものをいう職人の世界で、現代までその技術を伝えてきた「人」の力を、感じずにはいられません。

ページをめくるたびに出会う、人情の街・堺。進むたび新しい一面をみつける感覚は、街の魅力を発見していく「散走」にも似ています。心が動いたら、堺へ出かけてみませんか?自転車文化を支えてきたこの街を走れば、本の続きを自分が綴っていくような、特別なひとときをすごせるかもしれません。

スタッフからひと言

スタッフ

N

「500年前の堺は国内で最も世界に開かれた都市だった」はたして現在、どのような町になっているのでしょうか。大坂夏の陣で焼き払われてもなお、やはりこの土地には多くの賑わいと、レベルの高いものづくりが根付いていました。

  • 前へ
  • ページの冒険一覧へ
  • 次へ
ツール・ド・フランスへ メールマガジン登録・解除 pageTop