OVE

グッズ画像
出版:光文社

一度は行ってみたい 京都絶景庭園

京都の庭園は美しくて、面白い。日本人はもちろん、海外の人まで京都の庭園が時代を超えて人々を魅了するのは、見る角度で景色が変わり、いつ訪れても新しい発見があるからではないでしょうか。そんな、見逃せない定番の名園から心和ませる町家の名庭まで、烏賀陽さんの視点で見所を紹介しているのがこの本です。

本書の中で「日本庭園を知ると、日本の文化や歴史が見えてくる。配置されている石の意味や、庭のスタイルを知ると、謎解きのように、背景にある日本の文化を知ることができる。」と語られているように、物事の背景を知ることは、新しい“気づき”を与え、同じものを見ていても、これまでと全く違ったものを見ているような、そんな体験をさせてくれます。

さらに、「アメリカ人は金閣寺好きでフランス人は龍安寺好き」といった、海外を飛び回る烏賀陽さんならではの解説もあり、庭の魅力と知識も満載です。

私たちはいつも同じ景色の中にいると思い込んでいるのかもしれません。違った角度、新しい知識と発見があれば、毎日はもっと刺激的で楽しいものになるはず。そんな“気づき”をくれる本を片手に、週末に京都を散策してみてはいかがでしょうか。きっと、これまで見てきた京都と違う表情が見られるかもしれませんよ。

スタッフからひと言

スタッフ

O

この本では有名どころから、あまり知られてない庭まで、23の庭園が紹介されています。随所に烏賀陽さんのセンスが光り、一般的な観光案内書とはひと味違った京都の庭園ガイド本となっています。見た人を泣かせた庭があるそうです。この本と共に人を泣かせた庭をぜひ訪ねてみて下さい。

  • 前へ
  • ページの冒険一覧へ
  • 次へ
ツール・ド・フランスへ メールマガジン登録・解除 pageTop