OVE

グッズ画像
出版:家の光協会

不調のときに食べたいごはん

ちょっと体調が悪いとき、薬に頼るのはイヤだなと思ったことはありませんか。また、家族の具合が悪くなったときに食事で症状を和らげてあげられたらいいなぁと思いませんか。そんな時に、症状別の料理レシピがわかるのがこの本です。

例えば、「かりん茶」は喉を潤して咳を抑えてくれる。肩こりには血行を良くする食材である「たら」「いか」など、どういう食材が、どのような効果・効能があるのかをわかりやすく解説しています。単に美味しいだけでも、作り方だけでもない、自分の体と向き合える料理レシピになっています。

OVEカフェでも陰陽五行に基づいた五味五色を取り入れるなど、食事と体はとても密接な関係にあります。何か特別なことをするのではなく、こうした知識を覚えておき、気づいたときに食事に取り入れてみる。そうした、毎日のちょっとした工夫が、体と心を整えていくのかもしれません。

スタッフからひと言

スタッフ

E

季節によって、体調の崩し方は様々。その時期にある旬の野菜を使ってレシピが紹介されていますので、症状に合わせて作りたいときに、レシピの食材が手に入りやすく、読者にとても優しい本だと感じます。色づかいも楽しく、バランス良く食材が使われており一年を通して参考になる本です。

  • 前へ
  • ページの冒険一覧へ
  • 次へ
ツール・ド・フランスへ メールマガジン登録・解除 pageTop